<出版記念見学会>(株)喜久屋 本社工場 【受付終了】

基本情報

テーマ KPS(喜久屋・プロダクション・システム)導入による平準化と生産性向上の実現
開催日 2014年12月9日(火)
時 間 13:00~17:10
会 場 (株)喜久屋 本社工場(埼玉県草加市谷塚上町419)
定 員 20名
参加費 会員:12,600円/一般:23,400円
*消費税、テキスト代を含みます

詳細

ポイント<KPS(喜久屋・プロダクション・システム)導入による平準化と生産性向上の実現>

  (株)喜久屋では、従来の工場で行われていた短時間による集中・大量処理
 方式を根本から見直し、「必要なものを、必要な時に、必要な分だけ仕上げる」
 という方式に変更しました。これにより、工場の平準化が実現され、品質および
 生産性が大幅に向上しました。
  当初、改善の出発点は「需要の変動を平準化したい」という思いからでした。
 そして、改革が実現した背景には、業界における在庫や納期に対する考え方の
 転換があります。
  「顧客価値」を徹底追求して「ありたい姿」に現場を変えていく「現場力」の
 向上を実現しています。
  企業側の思い込みをあらため、顧客が本当に望んでいるものは何か?
 考えることの重要性に気づくことができます。

 【 平準化・生産性向上の6ポイント 】

  ① お預かりした品物を、お客様の都合に合わせてお返しする。
  └──────────────────────────────
  ② 春に入荷した品物を秋にお返しする生産方法を確立する。
  └──────────────────────────────
  ③ ロットを小さくする。
  └──────────────────────────────
  ④ 工場ラインを小さくし複数ラインを作る。
  └──────────────────────────────
  ⑤ ラインでは、多工程、多台持ちを推進する。
  └──────────────────────────────
  ⑥ 作業標準を設定し、作業要領書にしたがいOJTを行う。
  └──────────────────────────────
 
 ※「現場力を鍛える」を参加者全員に進呈します。
   (IEレビュー265号に掲載された記事を紹介をしています)

 ※サービス産業生産性協議会「ハイ・サービス日本300選」第4回受賞

 ┌─\☆スケジュール(予定)☆/─┐
    13:00~ 概要説明
         活動紹介
    14:00~ 現場見学
    15:30~ 休憩
    15:40~ 質疑応答
    16:10~ 意見交換会
    16:55~ 発表
    17:10  終了
 └────────────────┘

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)