<現場研修会>イビデン(株) 本社及び大垣事業場 【終了しました】

基本情報

テーマ オペレータ自ら設備稼働率・品質を維持向上! 製造の”全員保全化”の取り組み
開催日 2018年9月10日(月)
時 間 11:20~17:25
会 場 イビデン(株) 本社/大垣事業場
本社:岐阜県大垣市神田町2-1 ( https://www.ibiden.co.jp/
製 品 ICパッケージ基板など
定 員 30名
参加費 会員 25,920円 一般 38,880円 日本生産性本部賛助会員 32,400円
(消費税、昼食代を含みます)

詳細

概要

イビデン(株)は、電子関連事業ではパッケージ基板やプリント配線板など、またセラミック関連事業ではDPFや特殊炭素製品など、すべての分野で世界トップクラスの企業と協業しながら、技術革新のイニシアティブを取っています。ものづくりにおける競争力強化を実現する人財育成の取り組みの1つとして、設備と品質に強い人財づくりの実態をご覧いただきます。今回は特に、生産部で設備と品質を改善、維持し続ける取り組みに焦点を当てご見学いただきます。
多数のノウハウを実際に見て、聞いて、学んで持ち帰って頂ければと思います。この機会に多くの方々にご参加をお待ちしています。

◆ポイント◆
■製造全員が設備と品質を守る人財へ
・単純作業者のゼロ化と全員保全化(設備保全/品質保全)
・稼働中点検で故障未然防止(設備保全:点検)
・自ら交換し調整が出来る(設備保全:修理)
・不良ゼロの良品条件を形式知化し、現場で守りきる管理(品質保全)

■設備の3つの”自掛活動”で設備に強い人財へ
・劣化に対し「復元」、「材質改善」、「劣化しない環境つくり」を”自掛”で実施
・設備メンテナンスを通じた改善/改良の事例紹介

研修内容 9月10日(月)
10:50 集合(詳細は申込受付後に集合案内でご連絡いたします)
11:20 ● 会社(工場)の概要説明、および改善活動紹介
12:15 ● 昼食・休憩(お弁当を準備します)
13:30 ● 現場見学
  構内は、撮影・録音禁止となります
15:00 ● 休憩
15:15 ● 質疑応答
15:35 ● 参加者同士のディスカッション
・交流をしながら意見交換を行い、より理解を深めます
16:20 ● 意見交換会発表 & 総合質疑応答
17:25 解散

※スケジュールは都合により変更になる場合があります

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)お申込み後、訪問先への名簿確認が終わり次第、参加証と請求書を送付いたします。
※同業の方はお断りする場合があります。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

   

 パンフレットをダウンロードする