<現場研修会>ファナック(株) 本社工場 【受付終了】

基本情報

テーマ ファナック製最新鋭ロボットによる徹底した生産性向上の取組み
開催日 2019年3月18日(月)
時 間 11:15~17:20
訪問先 ファナック(株) 本社工場
山梨県忍野村 ( https://www.fanuc.co.jp/
製 品 CNC、サーボモータ、ロボット、ロボドリル、ロボカット、ロボショット、
ロボナノ等の機械加工・組立、プレス・ダイキャスト、塗装
定 員 40名
参加費 日本ならびに他地区IE協会会員 24,000円
日本生産性本部賛助会員 30,000円
一般 36,000円
*昼食代込み・税抜

詳細

概要

ファナック(株)は1956年に日本で民間初のNCとサーボ機構の開発に成功して以来、一貫して工場の自動化を追求してきました。ファナック(株)の基本技術であるNCとサーボから成るFA事業と、その基本技術を応用したロボット事業およびロボマシン事業の三本柱に、IoTを担うオープンプラットフォーム『Field system』を加えた事業を基本として、お客様における製造の自動化と効率化を推進することで、国内外の製造業の発展に貢献しています。
今回、山梨県忍野村にある本社工場にて、多数のノウハウを実際に見て、聞いて、学んで持ち帰って頂ければと思います。この機会に多くの方々にご参加をお待ちしています。

◆ポイント◆
■最新鋭ロボットによる多面的な生産性向上の取組み
・知能ロボットを駆使した機械加工ラインの長時間連続無人運転
・ロボットによる組立工程の自動化
・人(オペレータ)と協働ロボットとの協力による重量物ユニットの組立
・ライン(設備)の稼働状況の見える化(大画面モニターによる一元管理)

■『2・3次元画像処理技術』フル活用による生産性向上の取組み
・画像処置を駆使したチョコ停削減(=稼働率向上)の取組み
・保全箇所にQRコードを貼り、タブレット画面で保全作業手順提示(やり残し排除)

■108ケ国・263拠点お客様グローバル化を支える『生涯保守修理工場』
・30年以上前の古いモータ、プリント板、ユニット類も生涯保守
・150万件を超す保守実績ノウハウの端末を介したグローバル配信(共有化)と
 生まれの良い新商品開発へのフィードバックサイクル 
・タブレットを活用した修理作業のノウハウ継承と効率化

研修内容 3月18日(月)
10:45 集合 (富士急行線 富士山駅 改札出口に各自お越しください)
11:15 ● 会社の概要説明、本社工場の概要説明(会社案内ビデオ)
11:35 ● ファナックロボットの最新技術紹介
12:15 ● 質疑応答(その1)
12:30 ● 昼食・休憩(お弁当を準備します)
13:00 ● 現場見学  構内は、撮影・録音禁止となります
展示場→信頼性評価棟→機械加工→ロボット組立→サーボモータ→修理工場
16:00 ● 休憩
16:20 ● 質疑応答(その2)
17:00 アンケート記入、トイレ休憩
17:20 大型バスにて去本社工場
17:45 富士山駅にて解散

パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     訪問先への名簿確認後、参加証と請求書を開催日2週間前より順次送付します

※ 同業の方はお断りする場合があります
※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)