2012インドネシア調査団 【受付終了】

基本情報

テーマ 急成長するインドネシアのモノづくり事情
開催日 2013年3月3日(日)~3月8日(金)6日間
訪問地 インドネシア(ジャカルタ近郊・スラバヤ近郊)
訪問先 ジェトロジャカルタ、JVCケンウッド、ヤマハ発動機およびヤマハのサプライヤー(2社ローカル華僑、台湾系)
中央精機、大塚製薬、味の素、他
対 象 インドネシア製造工場にご興味のある方
参加費 会員 299,800円   一般 337,600円

詳細

おすすめ

 インドネシアはASEANの中でGDPの伸びがダントツ1位の約7,070億ドルで,2位タイの3,189億ドルを大きく引き離しています(注:2010年JETROデータ)。とくに,2億3千万人を超える人口が2015年にはその7割が中間層に達するという旺盛な国内消費,勤勉・親日的な人的資源,豊富な天然資源などが注目される大きな要因となっています。

 今回,ジャワ島の西部ジャカルタ近郊および東部スラバヤ近郊でのモノづくりの優良企業を訪問し,急成長するインドネシアのモノづくり事情を探る調査団を企画いたしました。是非,この機会をご活用ください。

日程表

1 3/3(日) 成田発⇒ジャカルタ着 成田集合
              ジャカルタ(泊)
2 3/4(月) 専用バス  AM:ジェトロ・ジャカルタ(JETRO JAKARTA)
PM:JVCケンウッド(車載AV機器)
(JVC Electronics Indonesia)
                ジャカルタ(泊)
3 3/5(火) 専用バス
ジャカルタ発
スラバヤ着
AM:ヤマハローカルサプライヤー
(Chandra Nugerah Cemerlang)インドネシアローカル華僑(プレス溶接)
(Chao Long Motor Parts Indonesia)台湾外資(スピードメーター製造)
PM:ヤマハ発動機(オートバイ)
(Yamaha Indonesia Motor Manufacturing) 
              スラバヤ(泊)
4 3/6(水) 専用バス AM:中央精機(自動車用ホイール)
 (Central Motor wheel Indonesia)
PM:大塚製薬(飲料)(Amerta Indah Otsuka)
              スラバヤ(泊)
5 3/7(木) 専用バス
スラバヤ発
ジャカルタ経由
AM:味の素(風味調味料)
(Indonesia Ajinomoto)
PM:ミーティング     機内(泊)
6 3/8(金) 成田朝着 空港で解散    

● 調整中の訪問先は決定次第,ホームページに掲載されます。
● 訪問企業は都合により変更する事があります。
● 訪問先と同業の方はその訪問をお断りする場合があります。

訪問先概要

 ジャワ西部ジャカルタ ① ジェトロ【JETRO JAKARTA】
インドネシアにおける最近の注力事項,対インドネシアの投資状況,FTAの動向,労務管理の課題とその対策,人的資源の質と量,賃金動向についてブリーフィング
② JVCケンウッド【JVC Electronics Indonesia】
1997年設立。JVCケンウッドは2008年日本ビクターとケンウッドの経営統合。日本本社の中期経営計画では2016年3月期の売上高予想を2013年3月期より25%増やす。自動車用機器を中心に新興国で販売を拡大。構造改革に区切りをつけた事で次期3カ年の反転攻勢に出る。インドネシアではカーオーディオを生産。 
③ ヤマハ発動機 現地協力会社を訪問。
 (Chandra Nugerah Cemerlang) インドネシアローカル、プレス溶接
 (Chao Long Motor Parts Indonesia)台湾系、スピードメーター製造 の2社。
④ ヤマハ発動機【 PT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing】(二輪製造)
1974年操業。出資比率はヤマハ発動機85%、三井物産15%。インドネシアの二輪車市場は、中国・インドについで、3番目の大きな規模でその需要は政情の安定と経済成長に支えられ大幅に伸長しています。又、シエアの99%が日系企業で独占。ヤマハインドネシアの二つの工場の生産能力は年間180万台。
    ジャワ東部スラバヤ ⑤ 中央精機【 PT.CENTRAL MOTOR WHEEL】(自動車用ホイール)PIER工業団地
2002年操業。中央精機のアルミホイールの生産能力は国内外合わせて現在900万個。同工場が最大の300万個を生産生産。ジャカルタ近郊にも第2工場(スルヤチプタ工場)を2014年1月に稼働予定し、アルミホイールの生産能力を3割増の400万個以上に引き上げる予定。成長する自動車市場の取り込みを図っている。
⑥ 大塚製薬【PT.Amerta Indah Otsuka】(清涼飲料水)クジャヤン工場訪問
2010年操業。製造している「ポカリスエット」インドネシアで1989年から販売。年間販売本数4億本以上に成長。西ジャワのスカブミ工場でも生産しており、販売増加に伴いクジャヤン工場を竣工した。
⑦ 味の素【PT.Ajinomoto Indonesia 】(風味調味料) モジョケルト工場訪問
1970年操業。インドネシアの風味調味料市場は経済発展に伴う生活水準の向上に支えられ急成長を続け、71,000t(2011年)前年比112%と拡大。「Masako」(日本の「ほんだし」に相当)は1989年の発売以来、インドネシアの家庭で広く使用され、60%のトップシェアを誇っている。

調査団の進め方

  •  出発前の事前打合せ会で,調査項目,調査方法,訪問先での役割分担を決定。
  • 現地ミーティングにて,各自の記録を基に訪問先調査内容を整理し,訪問記録を作成。
  •  帰国後,訪問記録を基に,報告書を作成。
  •  報告書を使った報告会を,2013年5月頃,開催予定。

募集要領         

※ ホテルは1人1部屋となります。
※ ビザ取得費用,燃油サーチャージャー 費用を含む
※ 食事代は全食含む
※ ビジネスクラス(国際線)ご利用の場合は追加費用12万円となります。
※  現地参加ご希望の方は費用等の件,お問合せください。

申込方法・締切

  ・申込書の必要事項をご記入の上、郵送してください。
   パスポートコピー1部(顔写真ページ)を同封してください。
   ・受付後,事務局より連絡いたします。
   ・締切は,2013年2月1日(金)  ※お申込みが間際になる場合はご連絡ください。

 ◆参加費の支払方法
     お申込み後,請求書を送付します。

団員構成
   募集:定員20名(最少催行人員8名)
 ※最小実施人員に達しない場合は出発日の1カ月前までに連絡いたします。

 ◆事前打合会
  2013年2月22日(金)の予定(変更の可能性もあります)

 ◆参加費用に含まれないもの
(1) 渡航手続き費用/関税
(2) 超過手荷物料金 エコノミー20㎏以上
(3) 任意の海外旅行傷害保険
(4) 成田空港までの交通費
(5) 個人的行動から生じた費用

 ◆団員名簿及び報告書の作成
 調査団派遣につきご協力頂く企業または現地団体向に団員名簿および報告書を作成します。

取消費用について
  お申込後の取消は下記の費用が発生します。
  旅行開始日3日前まで            30%
  旅行開始日の出発前まで        50%
  無連絡不参加および旅行開始後の解除 100%

◆ 旅行社について
  
日通旅行(株)
  団体営業部 営業第2課 担当:助川
  TEL:03-5809-9652
  (観光庁長官登録旅行業第1937号)

お申込み・お問合せ
  日本インダストリアルエンジニアリング(IE)協会 担当:本田
  〒150-8307 渋谷区渋谷3-1-1  TEL:03-3400-8715 FAX:03-3400-8694
  e-mail:jiie@j-ie.com http://www.j-ie.com

お申込み

以下の申込ボタンを押し必要事項をご記入の上、お申し込みください。

   

 パンフレットをダウンロードする