2014インドネシア調査団 『進出企業が留意すべきリスクと対応策』 【受付終了】

基本情報

テーマ 『インドネシアの魅力と課題を探る』
  ~進出企業が留意すべきリスクと対応策~
実施日程 2014年10月26日(日)~10月30日(木)
訪問先 インドネシア(ジャカルタ近郊)
 ◆ジェトロ・ジャカルタ事務所
 ◆弘和電材社(PT.HARMONICS TECHINDO AGUNG)
 ◆山九・インドネシア・国際(PT.SANKYU INDONESIA INTERNATIONAL)
    チカラン製作工場 + チカラン物流センター
 ◆ヤマハ・ミュージック・マニュファクチャリング・アジア(PT.Yamaha Music Manufacturing Asia)
 ◆カヤバ・インドネシア(PT.Kayaba Indonesia)
対象 ASEAN地域に興味のある方、海外生産担当の方
募集人員 20名(最少催行人員4名)
参加費 会員:34.98万円/一般:39.98万円

詳細

おすすめ

 ASEAN最大の消費市場を抱えるインドネシアは、安定した政治、経済、社会情勢を背景にビジネス展開地
として注目を集めてきました。世界で4番目の2億4,000万人の人口を抱え、天然資源も豊富で海外の投資家
からも注目を浴び、経済成長率も順調に伸びています。
 特に、豊富な労働力を抱える生産基地としての位置づけに加えて、所得水準の上昇が消費市場としての魅力
を急速に高めています。
 一方、近年の人件費の高騰やインフラの未整備などにより、日系進出企業のビジネス環境に課題があるのも
事実です。
 今回の調査団では、インドネシアでの「人」や「インフラ」など、各訪問企業での状況をお聞きし、進出のメリット
や現状の課題、対応策について調査します。インドネシアに関する情報は比較的入手しやすくなっていますが、
課題認識やその対応、雰囲気などは、実際に現地に行かなければ分かりません。
 ぜひ、この機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。

訪問先概要

(1)ジェトロ・ジャカルタ事務所<JETRO Jakarta>
    (インドネシアの経済・産業・企業動向などの調査、支援)
 ◇進出日系企業のビジネス活動支援のための各種調査、情報提供事業や
  貿易投資相談を行っています。

(2)弘和電材社<PT.HARMONICS TECHINDO AGUNG>  1992年設立
    (ワイヤーハーネス・ソレノイドなどの生産)
 ◇ワイヤーハーネス・ケーブルの加工にこだわり続け、いち早く、インドネシアのジャカルタ
  近郊に工場を設立しました。狭ピッチハーネスの加工に加え、設計から生産まで一括して
  お客様の要望に応えるソレノイド生産も可能にしています。

(3)山九・インドネシア・国際<PT.SANKYU INDONESIA INTERNATIONAL>  1974年設立
    (チカラン製作工場/生産設備の輸送・据付、構内物流用機器類の設計・製作)
 ◇物流部門との連携により、工場への生産設備の輸送から据付まで一貫したサービス
  を提供しています。また、コンテナ荷役用スロープ、ベルトコンベアなど構内物流に
  関する機器類の設計・製作も実施しています。

(4)山九・インドネシア・国際<PT.SANKYU INDONESIA INTERNATIONAL>  2013年設立
    (チカラン物流センター/梱包、貨物輸送、通関業、倉庫業など)
 ◇ジャカルタ東部の工業団地群は、グローバル企業から注目を浴びており、そのニーズに
  応えるために、デルタマス工業団地内に自社物流センターを新設しました。輸出包装、輸送
  から保管、荷役一貫したサービスを提供しています。

(5)ヤマハ・ミュージック・マニュファクチャリング・アジア<PT.Yamaha Music Manufacturing Asia> 1997年設立 
    (電子楽器、プロオーディオ機器などの生産)
 ◇10,000種の原材料・部品を購入して、850種類の完成品を全世界に出荷しています。
  世界に通用する工場の実現をめざして現場改善活動、人財育成に取り組んでいます。

(6)カヤバ・インドネシア<PT.Kayaba Indonesia>  1976年設立
    (ショックアブソーバ、フロントフォークなどの生産)
 ◇自動車用緩衝装置、オートバイ用フロントフォークなどを生産し、製品・部品を主に
  インドネシア国内の日系自動車/オートバイメーカーに納入。また、、ブラジル、インド、
  パキスタン、日本などに製品・部品を輸出しています。

日程表(予定)

1 10/26
(日)
AM
PM
成田国際空港 集合
インドネシア(ジャカルタ)到着
2 10/27
(月)
AM
PM
(1)ジェトロ・ジャカルタ事務所
(2)弘和電材社
3 10/28
(火)
AM
PM
(3)山九・インドネシア・国際(チカラン製作工場)
(4)山九・インドネシア・国際(チカラン物流センター)
4 10/29
(水)
AM
PM
(5)ヤマハ・ミュージック・マニュファクチャリング・アジア
(6)カヤバ・インドネシア
インドネシア(ジャカルタ) 発
5 10/30
(木)
AM 成田国際空港 着 解散

● 日程表、訪問企業は都合により変更する場合があります。
● 訪問先と同業の方はその訪問をお断りする場合があります。

調査団の進め方

 (1)2014年10月10日(金)PM:事前打ち合わせ
                      ※調査内容・項目、役割分担などを決めます。
 (2)2014年10月26日~30日 :調査団の実施
 (3)2014年10月下旬~11月中旬:報告書のまとめ
 (4)2014年12月~2015年1月:報告会の実施

現場研修の運営方法

 ・会社概要,活動紹介など(30分)
 ・現場見学          (60分)
 ・質疑応答          (30分)
 ・意見交換会         (45分)
 ・発表会&訪問先コメント (15分)
  ※ 意見交換会の結果は,事務局で集計後, 訪問先と参加者に配布予定です。

募集要領

◆ 申込み方法
 パンフレットの申込書に必要事項をご記入の上、パスポートのコピー(顔写真入り)を1部添付して、
 協会宛にご郵送、またはFAXにてお申し込み下さい。
 WEBからもお申込みいただけます。 申込受付後、事務局より連絡させていただきます。

◆ 申込締切:2014年 9月25日(木)

◆ 参加費の支払方法
 お申し込み受付後、請求書をご送付いたします。

◆ 取り消し費用
 ・旅行開始日の3日前まで       20%
 ・旅行開始日の出発前まで      50%
 ・無連絡不参加・旅行開始後     100%

◆ 事前打合会:2014年10月10日(金)午後

◆ 募集人員:20名(最小催行人員4名)

◆ 参加費用(1名)
  34.98万円(会員)
  39.98万円(一般)

※ 他空港からの合流、現地集合・現地解散なども手配可能です。
※ ビジネスクラスをご希望の場合は、追加料金が必要です。
※ ホテルの部屋は1人1部屋となります。
※ 全食事付きです。

◆ 参加費用に含まれないもの
 (1) 現地自由研修費
 (2) 渡航手続き費用/関税
 (3) 超過手荷物料金
 (4) 任意旅行傷害保険
 (5) 成田空港までの交通費
 (6) 個人的行動から生じた費用

◆ 旅行社
トップツアー㈱ 国際旅行事業部
 ストリームライン新宿支店
 観光庁長官登録旅行第38号
 TEL:03-5348-3500 担当:村岡 俊晴

◆ お申込・お問合せ:担当:戸ヶ崎/菅野
日本インダンダストリアル・エンジニアリング(IE)協会
 〒150-8307 東京都渋谷区渋谷3-1-1 生産性ビル
 TEL:03-3400-8715  E-mail:jiie@j-ie.comhttp://www.j-ie.com
 FAX:03-3400-8694  http://www.j-ie.com

WEBからのお申込み

以下の申込ボタンを押し必要事項をご記入の上、お申し込みください。
詳細申込書を送付いたします。
またはパンフレットをダウンロードの上、お申し込みください。