海外で人を動かすコツ 【受付終了】

基本情報

テーマ ☆事例をもとにしたディスカッションで理解を深める!
海外で人を動かすコツ
 ~文化の違いを勝利に導く! キリスト教圏・イスラム教圏での取り組み~
開催日 2014年2月13日(木)
時 間 10:00~16:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 (株)Makoto Investments 代表取締役 シュミット ブラッド 氏
定 員 30名
参加費 会員:31,500円/会員外:37,800円
*消費税、テキスト代を含みます

詳細

おすすめ

海外に行くと文化の違いなどから「考え方、価値感が違うのではないか?」と思いがちです。
ついつい、相手ができないのを文化のせいにしていないでしょうか?
本コースでは、文化の違いは低いパフォーマンスの言い訳にならない。
むしろ、その文化の強みを活かして自国よりも良い成果を出すコツをメインテーマにしています。
そして、世の中の一番多くの国々を影響してきたイスラム教、キリスト教を対象に研修を行います。
ぜひ、この機会に多くの方々のご参加をお待ちしています。

ポイント

海外へ事業展開で成功するために重要なことは3つです。
 ① 相手の国をパートナーとして尊重することです。それぞれの国には宗教や歴史、習慣などの
   文化があります。それらを無視してビジネスは成り立ちません。相手の国の文化を正しく理解し、
   尊重することが重要です。
 ② 自分および日本の強みを認識することです。日本人は数多く良いところや強いところを持って
   いるにもかかわらず、自分自身でそれを認めていません。それらを改めて認識していくことが
   重要なのです。
 ③ 明確な判断基準に従って決断し、その理由をしっかりと説明することです。
   海外とのビジネスでは明確な判断基準を持った上で、それを共有し、迅速に決断して
   前に進めていくことが重要なのです。

受講の成果(期待効果)

 ・海外展開キーポイントの明確化/
   海外展開を進めていくために抑えておくべきポイントが明確になる。
 ・海外での決断力の醸成/
   担当者が海外において判断基準を設け、共有し、躊躇することなく決断を
   下していけるようになる。

プログラム(予定)

  1.研修会の主旨説明
  2.参加者の自己紹介
  3.海外で活かしたい日本の強み
  4.イスラム教の基礎知識
  5.ケース・スタディ(1)
    「現場が汚い! 作業環境の改善をしたい!」
  6.ケース・スタディ(2)
    「品質トラブルの回答が不足」
  7.キリスト教の基礎知識
  8.ケース・スタディ(3)
    「改善は俺たちの仕事じゃない!」
  9.ケース・スタディ(4)
    「幹部が現場に行かない…根本的なところが解決されない」
 10.まとめ・感想・質疑応答

<ケース・スタディの進め方>
  ① ディスカッション → 発表
  ② 補足説明
  ③ ディスカッション → 発表
  ④ 実際の結果(対応)の説明

講師紹介

  (株)Makoto Investments 代表取締役  シュミット ブラッド 氏

   1973年北海道に生まれる。現場改善の通訳時代に、「KAIZEN」に目覚めた。
   1998年に同じ北海道生まれの友人と起業。現在では、世界中で改善を実践し
   教えている。特技は社内Kaizen Manの育成と、社内の強みを活かした
   革新プログラム作り。
     ◆どうせやるなら楽しくやろう!
     ◆コスト削減だけではなく、戦略のあるプラスの改善がベスト!


パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)