中国における生産活動の変化と今後の生産戦略 【受付終了】

基本情報

テーマ 中国における生産活動の変化と今後の生産戦略
~格差是正政策の影響や人件費上昇を踏まえ、ASEANを含めた最適生産拠点を探る~
開催日 2014年2月20日(木)
時 間 13:00~17:00
会 場 渋谷近辺の会議室
講演者 青山テクノ・ブリッジ公司  総経理・技術士 青山 利幸 氏
対 象 経営者・海外担当者・現地責任者・管理者・海外生産担当者
参加費 会員:16,800円/会員外:21,500円
*消費税、テキスト代を含みます

 

詳細

おすすめ

日中に微妙な関係が続く中、発展するASEAN、特にインドシナ半島が生産拠点として注目されています。
たしかに人件費や市場ポテンシャルの観点からは魅力があるのですが、高付加価値の自動車や電子機器の生産拠点としてみれば、部材供給などサプライチェーンや貿易インフラなどの面で、まだ中国とは雲泥の差があるのが実態です。
中国政府は、2011年から格差是正政策を強化し、その一つとして沿岸部企業の内陸移転を推奨しています。
一方企業自身は、独自に低い賃金や労働力を求めて、インドシナ半島への進出も進めています。
これらの変化は現地日系企業のサプライチェーンへの影響をもたらすこととなっているなど、今後の生産戦略のための動きとして把握は必須です。
本セミナーでは、生産拠点としての中国、特に経済開放がいち早く進み、著しい発展を遂げてきた広東省を例に中国生産の実態を画像で紹介し、中国の内陸、インドシナ半島を含めた生産の最適地を模索してみます。
また、そうした変化の中で市場という切り口でも説明を付加しています。
ぜひこの機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。

受講メリット

  ◆香港在住10年余の講師からナマの現地情報が得られる。 
  ◆中国の政策にともなう海外企業の対応や影響を受ける日系企業の事例が具体的に得られる。
  ◆中国沿岸部生産(進出や委託生産)をベースに、内陸部やASEANでの生産戦略の方向性が得られる。
  ◆中国の発展例から、今後インドシナ半島各国の発展が推測できる。
  ◆そうした変化の中でのビジネスチャンスの情報が得られる。

本研修で学べること

中国生産の実態を知り、今後の生産拠点戦略の参考としたい企業様の経営者、技術者、生産管理、購買、品質管理部門の管理者、ご担当者にお勧めです。
 ●中国沿岸部での生産の変遷をたどることにより、今後の中国内陸、ASEANでの生産環境が推測できる。
 ●ASEAN各国の情報や中国の政策に関する情報が得られる。
 ●中国沿岸部での生産の状況が、事例画像によりよく理解でき、今後の海外生産拠点のあるべき姿を描く
   ことができる。
 ●海外生産拠点としての沿岸部、内陸部、ASEANの特徴が得られる。

カリキュラム(予定)

 1.海外生産概要
  (1)生産環境の変化: 低コストを求めて、中国政策、分業化など
  (2)生産の形態 -自社工場と委託生産―
  (3)生産拠点の要件

 2. ASEAN各国事情
  (1)整備される輸送インフラ
  (2)各国の特徴

 3. 中国生産を振り返る -今後のASEANを視野にー
  (1)中国生産のレビュー: 経済開放から現在まで
  (2)直近情報
  (3)中国での生産事例 -広東省電子機器などの生産工程例―
    *中国の典型的工場、施設
    *工場の設備
    *機化工品
    *銅線工場、ケーブル加工
    *電子機器組み立て
    *部品類
    *モノ作り規定、品質、環境、5S活動など

 4.中国国家政策の生産への影響と対応
  (1)生産に影響を及ぼす中国国家政策
  (2)経済格差是正
  (3)外国企業優遇策見直し
  (4)労働者保護

 5.中国とASEAN各国の経済規模
  (1)中国沿岸部・内陸部、ASEANのGDP
  (2)中国を複眼視する
  (3)中国沿岸部・内陸部、インドシナ半島の繋がりと活用

 6.生産拠点としての方向性

 7.市場としての中国とASEAN

 8.質疑応答

講師紹介

プロフィール

北海道生まれ。大学卒業後NECに入社。国内/海外の放送局設備の設計、種子島宇宙センターセキュリティーシステム設計、警察庁画像システム開発、放送デジタル化開発・実地試験など開発設計に25年間従事し日本の基盤インフラ整備に貢献。その後、事業計画・生産部門で海外でのモノ作りを管理、指導。2002年、NECを定年退職。2003年香港に青山科技発展有限公司を設立。
2013年青山科技橋(青山テクノ・ブリッジ)公司に改称。海外モノ作りのコンサルタントの傍らグローバル人材の育成に努める。
 資格:技術士(総合技術監理、経営工学部門)
     APECエンジニア(インダストリアル部門)
     中小企業基盤整備機構等アドバイザー他
 会員:日本技術士会、日本IE協会、香港日本人商工会議所、経済産業省後援ドリームゲートなど

講師実績

日本と香港・華南企業の橋渡しを遂行中。仕様の技術的調整、適正メーカ紹介、条件確認、見積もり、サンプル、生産展開、生産効率化、品質改善などを支援・指導。
中小企業グローバル化、グローバル人材育成、就活応援にも注力し、セミナー実施中。海外モノ作りに関するセミナーは、日本IE協会、日刊工業新聞、パナソニック、新技術開発センター、大阪工業会、ドリームゲートなどで実施。経産省後援ドリームゲートのエキスパートとして相談実績約150件。
著書:新技術開発センターより「中国委託生産のマニュアル」、アマゾンより「革新的就活」を発行。
    その他共著など多数。


パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)