経営のグローバル化とIT活用による現場力向上 【受付終了】

基本情報

テーマ 経営のグローバル化とIT活用による現場力向上
(IEレビュー特集講演会 「IEとITの融合を考える」)
開催日 2014年6月18日(水)
時 間 13:30~16:30
会 場 東京・渋谷区立商工会議所
コーディネーター 社)クラウドサービス推進機構 松島 桂樹 氏
パネラー 株式会社 由紀精密 取締役 笠原 真樹 氏
(株)今野製作所 代表取締役 今野 浩好 氏
定 員 70名
参加費 日本IE協会会員 16,200円
一般 21,600円
日本生産性本部賛助会員 18,900円
*消費税、テキスト代を含みます

詳細

経営のグローバル化とIT活用による現場力向上

日本の強みは現場にあると常に言われてきました。欧米に比べて現場の従業員の能力の高さ、意欲の高さが日本のモノづくり、ひいては日本経済を支えてきたと多くの経営者たちも、その現場力を高く評価しています。

経営のグローバル化により、生産の海外移転が進むなかで、あらためて日本の強みは何かと振り返ると、現場力、とりわけ改善能力と、それを支えているヒトが強みなのだと再認識できます。

しかし、生産人口減少の中で、そのようなヒトを確保するのも、育成するのも難しくなり、ヒトづくりと現場づくりが、日本のモノづくりの重要な課題となってきました。

このセミナーでは、活用事例をもとに、ITを活用して現場力をどのように維持・向上させるか、皆さんと考えてみたいと思います。

プログラム内容

6月18日(水)13:30~16:30

13:30

|

14:30

【特別講演】経営のグローバル化とIT活用による現場力向上
         社)クラウドサービス推進機構 松島 桂樹 氏
 ・グローバリゼーションの高度化とITの普及
 ・日本の強み、現場力・現場改善能力の再認識
 ・IT活用による改善活動

14:45

|

16:30

【パネラー講演①】
株式会社 由紀精密 取締役 笠原 真樹 氏

由紀精密は、1950 年、神奈川県茅ケ崎にて創業以来、精密切削加工に特化して技術力を磨いてきました。そのノウハウを生かし、現在は、航空宇宙品質規格(JISQ9100)を取得し、旅客機の部品や人工衛星の部品の受注に成功し、また、医療機器部品分野にも進出するなど、部品加工にかかわる 提案力・設計力・考える頭脳を持った「研究開発型」町工場に成長しています。今回は、事業戦略とそこでのIT活用について報告します。
【パネラー講演②】
株式会社 今野製作所 代表取締役 今野 浩好 氏

今野製作所は1961年、東京都北区で理化学機器の下請加工業として創業。1970年代にはステンレスの板金加工業として業容を広げる一方、荷役運搬機器の修理業からスタートした新事業は1980年代には油圧機器の自社製品「イーグル爪付き油圧ジャッキ」を生み出しました。顧客の潜在的なニーズを捉えて製品サービスの開発に挑戦する精神は、当社のDNAとして組織に根付き、常に新業態への変革に取り組んでいます。2012年の「東京都人材育成大賞」で大賞受賞。社員個々人の強みを活かしながら、チームで価値を生み出す「サッカー型組織」を標榜する、IT活用の取り組みについて報告します。
【パネルディスカッション】
コーディネータ:社)クラウドサービス推進機構 松島 桂樹 氏

 パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)