生産管理再構築による現場改革の実践 【募集中】

基本情報

テーマ 現場重視の計画と工程管理の強化で“儲かる会社”に変える!
開催日 2017年10月3日(火)
時 間 10:00~17:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 西沢技術士事務所 所長 西沢 和夫 氏
対 象 部長・課長、監督者、改善担当者、製造・生産管理・生産技術スタッフ 等
定 員 30名
参加費 会員 38,880円 一般 51,840円 日本生産性本部賛助会員 45,360円
(消費税、テキスト代を含みます)

詳細

セミナーのねらい

今日の経営環境において、モノづくり企業を取り巻く経営環境に大きな変化がでています。一方で若手社員や派遣社員の増加による品質不良やクレームにより企業の経営危機・破たんの事例も発生しています。モノづくり企業が生き残るには、「生産管理力」の強化によって顧客の信頼を獲得することが待ったなしで必要になっています。
本セミナーでは、「生産計画」と「工程管理力」の強化を行い、生産管理の仕組みを再構築し現場改革を実践する方法について、講師の指導実績に基づき、ポイントをついた事例やフォーマットを用いて明日からすぐに実践できるよう分かり易く解説いたします。
* 西沢講師著書「生産管理ハンドブック」を進呈 *

講師紹介

西沢 和夫 氏

米国系産業機械製造メーカに入社後、マーケティング、新製品開発、生産管理、品質保証、生産技術、技術サービス等を担当し、国内海外多数の取引企業の技術・品質指導を実施。その後、コンサルタントファームのチーフコンサルタントとして、本物の5S、見える化、品質保証、生産改善、生産改革、管理監督者育成、問題解決力等のコンサルティング指導により効果を上げた。
その後、西沢技術士事務所を開設し、今日に至る。
技術士(経営工学部門)、中小企業診断士、経営士、品質管理学会正会員。
[著書]
「工場長のための実践!生産現場改革」「よくわかるこれからの生産現場改革」(同文館出版)
「生産管理ハンドブック」「5S導入ハンドブック」「リーダー力強化ハンドブック」(かんき出版)
「QC工程表と作業標準書」「儲かる生産現場強化マニュアル」(日刊工業新聞社)など多数

プログラム内容

10月3日(火) 10:00 ~ 17:00
 [生産と生産管理]
1 企業競争に生き残るためのモノづくり
  (1)円滑なモノづくりの生産の流れとは
  (2顧客の要求に素早く対応できる生産方式とは
2 企業の生き残りがかかる生産管理
  (1)生産管理の基本サイクルとは何か
  (2)生産管理の個別業務の流れとは何か
3 生産管理を支える各種管理手法
  (1)生産管理を支える他部門の管理手法とは
 [生産計画]
4 市場ニーズに応えるための生産計画
  (1)長期の大日程計画と中日程計画の違いとは
  (2)短期の小日程計画で何ができるのか
5 顧客満足を実現する中日程計画の立て方
  (1)手順計画で工程と作業を計画する
  (2)日程計画で納期を確保する
6 生産計画の精度を高めるための手法
  (1)現在の生産現場に求められる作業標準書とは
  (2)作業標準書をうまく作成するポイント
  (3)標準時間を生産計画に活用するポイント
 [工程管理]
7 付加価値を創造する工程管理の進め方
  (1)工程管理を確実にする作業手配とは
  (2)進捗管理によって工程遅れを挽回する
  (3)余力管理によって手待ちを防止する
  (4)現品管理によって仕掛在庫を防止する
8 工程管理をうまく進める秘策を知る
  (1)まず「本物の5S」で見える・分かる・できる現場へ
  (2)監督者の日常基本行動により工程管理を実践
  (3)報・連・相で作業者の責任を明確にする
9 問題解決力強化で生産目標を達成せよ
  (1)新たな生産現場問題の背景には何があるのか
  (2)問題の本質をとらえる眼を持つ

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

   

 パンフレットをダウンロードする