実践ノウハウを学ぶ改善研修 【受付終了】

基本情報

テーマ 失敗しない改善アプローチの第一歩
開催日 2014年6月30日(月)
時 間 10:00~17:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 早稲田大学 理工学術院 創造理工学部 教授 吉本 一穗 氏
対 象 ・製造業の現場のリーダー、第一線監督者、生産技術者の方
・サービス産業で業務を効率化したい方
定 員 20名
参加費 会員 32,400円 一般 43,200円 日本生産性本部賛助会員 37,800円
*消費税、テキスト代を含みます

詳細

おすすめ

本研修は、問題解決の手順および改善案策定のノウハウについてステップを踏みながら学び、IEの考え方・技法を即職場で活用できる人材を育成します。
●サービス産業の方にも最適な研修
講師の吉本先生は、製造業はサービス産業の一部であり、サービス産業でも製造業のノウハウを活用して継続的に改善活動に取り組むべきと考えておられます。
アウトプットが有形か、無形もしくは無形+有形の違いはあるものの仕事のシステムに相違はありません。
この機会に製造業のノウハウを習得して、業務を効率化しましょう!

講師紹介

早稲田大学大学院理工学部博士課程修了。同大学の講師・助教授を経て1991年より現職。
その間Albion Collegeの交換教授などをつとめる。また、多くの国内外企業で生産管理システム、IE,設備レイアウトなどの指導にあたり、その明快な指導には定評がある。
〈主な著書〉
「工場管理」「生産現場の設計・管理・改善」「POM-生産と経営の管理」他

プログラム内容

6月30日(月) 10:00 ~ 17:00
1.生産・サービス現場の問題点の発見
  ・改善に結び付ける5S
  ・問題点の把握の方法と整理の仕方
2.改善案の合理的な作り方
  ・IE的発想とVE的発想による改善
  ・今の方法を改善するIE的な見方
  ・システム、設計から見直すVE的な見方
3.モノの流れに着目した改善の定石
  ・モノ、人の動線の検討
  ・設備配置の検討
4.人・設備の稼働に着目した改善
  ・最低必要人員、設備稼働率、複数台数持ち
   の検討
5.納期短縮の検討
  ・投入順序の検討
  ・納期短縮のアイディア
6.生産・サービス現場の設計・管理・改善
  ・改善の基礎知識と生産管理方法
  ・改善のためのアイディア創出
  ・改善案の実行とフィードバック

パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)