設計開発革新への道 【受付終了】

基本情報

テーマ 効率4倍!期間半減を実現するための具体的な方法を体験・伝授!
設計開発革新への道 ~製品開発・生産設備開発に有効~
開催日 2014年9月29日(月)
時 間 9:30~17:30
会 場 渋谷近辺の会議室
講演者 グローバリング(株) 代表取締役 稲垣 公夫 氏
参加費 会員:33,600円/会員外:44,500円
*消費税、テキスト代を含みます

 

詳細

おすすめ

今後ますます厳しくなるグローバル競争を勝ち抜くためには、ユニークな顧客価値をもたらす差別化された商品の開発が極めて重要になっています。
商品企画と構想設計段階が競争力ある商品開発の最も重要な段階であるのにもかかわらず、有効な手法がないために、個人の経験や能力に依存しているのが実情です。
3次元CADやPDMなどのITツール、クリティカルチェーンやフェーズゲートなどのプロジェクト管理手法導入は、詳細設計に効果はあっても、構想設計にはほとんど役立ちません。
本セミナーでは、欧米で普及しつつあるトヨタの製品開発プロセスをベースにした「リーン製品開発」の中の「セットベース開発」と呼ばれる手法を構想設計の革新方法として紹介します。
これは、フォード、ハーレーダビッドソン、インテル、HP、スカニア、フィリップスなど、欧米数百社が導入して効果を出している手法ですが、日本ではほとんど知られていません。
今回の内容は、製品開発部門の管理職や開発者のみならず、生産技術や商品企画部門の関係者にも非常に役に立ちます。
ぜひ、この機会に多くの方々のご参加をお待ちしております。

ポイント

■ ポイント① <セットベース開発ゲーム>
チームに分かれて「セットベース開発ゲーム」で飛行機の設計に挑戦し、構想設計の本質的な難しさと、その解決方法であるセットベース設計の効果を肌で感じることができるように工夫しました。ゲームは簡単なルールで、飛行機のことをまったく知らなくてもプレイできます。
1.何も説明なく設計をすることで、要求仕様と設計の制約条件すべてを満たすことの難しさを肌で感じます。
2.セットベース開発のツールを与えられて設計すると、いかに簡単にすべての条件を満たす設計解が発見でき
  るか実感できます。
3.ゲーム体験後に講義を受けることで、その後の講義の理解度がぐんと高まります。

■ ポイント② <知識の獲得>
構想設計革新の鍵となるのは知識です。講義部分では構想設計で鍵となるのが「顧客価値に関する知識」と「顧客価値を実現する技術に関する知識」という2種類の知識であることを説明します。
こうした知識を開発の早期段階で獲得することに集中し、その中から設計の最適な構想案を探し出します。その際に重要な役割を果たす設計パラメーター間の関係を示した因果関係図と設計パラメーター間の定量的関係をグラフにしたトレードオフ曲線の使い方を説明します。

■ ポイント③ <知識の再利用>
もう一つの柱が設計中に獲得した知識の再利用です。多くの企業では開発中に得られた知識は開発者の頭の中にしか残らず、図面以外の情報は使い捨てになっています。
リーン製品開発では「A3報告書」を使って重要な知識を再利用できるように記録し、検索できるようにします。講習では製品開発におけるA3の使い方も説明します。

カリキュラム(予定)

(講義)  ■概要説明

(演習)  ■セットベース開発ゲーム(4人単位のグループ)
        ・ゲームのルール説明
        ・第一フェーズ(詳細の説明なしで実施)
        ・第二フェーズ(トレードオフ曲線などセットベースのツールを与えられて実施)

(講義)  ■リーン開発とセットベース開発紹介
         ①リーン製品開発とは
         ②顧客価値理解にもとづく商品企画

(講義)  ■セットベース開発
        ・因果関係図、トレードオフ曲線
        ・セットベース開発の進め方
        ・知識を速く、安く獲得する

(講義)  ■A3報告書
       ■問題解決A3
       ■技術A3

(討議・発表)
       ■リーン開発・A3導入に関するグループ討議
         どうしたら自分たちの企業で導入できる?
        ・何が良くなるか?
        ・何が悪くなるか?
        ・何が障害になるか?

講師紹介

グローバリング(株) 代表取締役 稲垣 公夫 氏
大手電機メーカーにて生産技術、生産革新運動推進、北米現地法人副社長などを経てリーン製品開発のコンサルティングを開始。著書に「TOC革命」、「EMS戦略」、「開発戦略は『意思決定を遅らせろ!』」、
翻訳書に「ザ・トヨタウェイ」、「トヨタ経営大全」(①~③)、「トヨタ製品開発システム」などがある。


パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)