落とし穴にはまらないためのコンプライアンス 【終了しました】

基本情報

テーマ

知らなかったでは済まされない!!発注業務に関わるすべての方向け

開催日

2015年3月18日(水)

時 間

13:30~16:30

会 場

東京・渋谷近辺の会議室

講 師

Kein物流改善研究所 代表 仙石 惠一 氏

定 員

20名

参加費

日本IE協会          会員 16,200円(税込) <資料代込み>
日本生産性本部 賛助会員 18,900円(税込) <資料代込み>
一般 21,600円(税込) <資料代込み>

詳細

3時間で学ぶ取引に関するコンプライアンス

私たちは日々さまざまな分野で外部事業者の協力を得て業務を行っています。長年の付き合いからくる、“甘え”が出てくる可能性は否定できません。次のような現象がおきていませんか?
・これくらいのことなら無理聞いてくれるのでは?
・取引上ちょっとミスしてしまったけどあの会社なら許してくれるのでは?
・言うことを聞いてくれない会社なら発注先を変更するぞ!
しかしここは注意が必要です。発注先との関係は一定の法律で“しばり”があるのです。
今回のセミナーでは外部事業者と取引を行う際に思わず陥りがちな“落とし穴”に焦点を当てて解説します。コンプライアンス違反という会社としてあってはならない状況を回避するために元大手製造会社の購買担当者が具体的にアドバイスさせていただきます。

対象者

以下の業務に携わっている担当者および経営者、幹部社員、管理監督者の方
・  部品や資材の発注先や価格を決めている購買部門の担当者
・  日々部品や資材の発注を行っている発注担当者
・  日々輸送を物流会社に委託している物流担当者
・  現場作業を外部事業者に委託している現場担当者
・  発注先への支払業務を担当している経理担当者

講師紹介

Kein物流改善研究所              代表 仙 石  惠 一 氏

日産自動車でサプライチェーン構築や新工場物流設計、物流人勢育成プログラム構築などを経験。中国駐在時には現地物流会社の改善指導にあたり、日本企業をしのぐほどの実力をつけさせ外資系大手自動車会社から引き合いがあるまで育て上げる。また、仏ルノー社との共同購買会社においてグローバル調達のしくみを構築。

その後、ユニプレス㈱に転籍。内部統制のしくみや全社リスクマネジメントシステムを構築し企業コンプライアンスの基礎を築きあげた。

2013年Kein物流改善研究所設立。物流改革、物流改善指導、物流人材育成が専門。

プログラム内容

3月18日(水)13:30~16:30

1.

『下請法の目的を知ろう』
・  そもそも下請法ってどんな法律なの?
・  何で最近話題に上ってきているのか?

2.

『これだけは知っていきたい  下請法の概要』
・  対象となる取引とは
・  親会社の4つの義務とは
・  親会社の11の禁止事項とは

3.

『公正取引委員会による勧告事例』
・  公正取引委員会による調査とは
・  事例で学ぶ下請法違反
・  不安な取引の実態が判明した時の対処方法

4.

『物流事業者との取引上の留意点』
・  下請法の対象となる物流業務、対象とならない物流業務
・  独占禁止法における物流特殊指定とは

5.

『下請法違反を防ぐために』
・  チェックリストで日常業務を点検しよう
・  よくある質問内容

6.

『構内請負業務実施上の留意点』
・  構内請負とは何か
・  構内請負と派遣業務
・  事例で学ぶ偽装請負業務

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

   

 パンフレットをダウンロードする