管理間接部門の「業務と管理の見える化」 【受付終了】

基本情報

テーマ 事例から学ぶVM活動で業務改善・業務向上でコストダウン!
開催日 2012年7月18日(水)
時 間 10:00~17:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 一般社団法人中部産業連盟 上席主任コンサルタント 小林 啓子 氏
定 員 30名
参加費 会員  29,400円
会員外 37,800円
*消費税、テキスト代を含みます

詳細

経営環境が厳しい今こそ、管理間接部門の変革が必要です!!

VM(Visual Management)によって社員の意識改革とマネジメント力の改革ができます。

VM活動とは、直接部門(製造部門、営業部門)ならびに間接部門(開発・設計部門、生産技術部門、生産管理部門、購買部門、総務部門、経理部門など)を含む企業のすべての部門において、目で見る管理(狭義のVM)ができるシクミをつくり、方針・目標管理の見える化、管理・監督者の管理業務の見える化、生産システムの見える化、管理・事務システムの見える化を展開していく活動のことです。PDCA(管理サイクル)を迅速かつ確実に回しながら、日常業務の中で、生産システムと管理・事務システムの維持管理活動と改善活動を実施していくことにより、コストダウン、収益増大、生産性向上等の目標を確実に達成することができ、終局的に企業の経営体質の革新・強化を実現することができます。

当セミナーでは、管理・間接部門のVM推進方法のノウハウを、実践事例を交え、わかりやすく解説します。

※参加者には講師による工場改革の最新本「「見える化」で管理・間接部門まるごと大改革」を進呈します。

講師紹介

一般社団法人中部産業連盟  上席主任コンサルタント  小林 啓子 氏 

中産連・東京本部 上席主任コンサルタントとして、業務革新、業務プロセス構築、VM、5S、ISO9001、ISO14001、ISMS等において、多数の企業でコンサルティング及び教育研修を実施。さらに全国の機関でセミナー講師として活躍中。1986年にシステム開発、パソコン教育を主業務とした会社設立。1992年(財)社会経済生産性本部で1年間マネジメントコンサルテーションの専門教育を受け、1997年(社)中部産業連盟に入職。

専門分野:中長期経営計画・戦略の策定、管理会計制度確立、VMによる方針・目標管理、VMによる製造・管理・間接部門の収益及び業務改善、ISO9001、14001、情報セキュリティ、個人情報保護マネジメントシステムの確立

プログラム内容

7月18日(水)10:00~17:00

1.管理・間接部門の見える化の必要性
 ・管理・間接部門改革の必要性
 ・管理・間接業務のマネジメントや業務のやり方に関する問題点
 ・管理・間接部門のムダと問題点
 ・企業の管理・間接部門における役割・使命

2.VMの概要
 ・見える化の必要性とネライ
 ・VMとは
 ・マネジメントの実態
 ・管理・間接部門における見える化(VM)の推進手順

3.管理・間接部門での5Sの進め方
 ・5Sの定義
 ・5S活動の目的とネライ
 ・5Sの心と意識
 ・5Sの推進手順
 ・ワンベスト原則

4.ファイリングシステムの進め方
 ・ファイリングシステムとは
 ・ファイリングシステムの目的
 ・ファイリングシステムのポイント
 ・ファイリングシステム確立手順

5.VM(目で見る管理)の実施(導入手順)
 ・部門の役割・使命の明確化
 ・管理・担当者の役割・使命の明確化
 ・VM対象管理業務の選定
 ・管理基準の設定
 ・VMボードの設計・製作・設置
 ・運用ルールの設計
 ・VMによる管理業務の実施

6.他社事例紹介
 ・営業部門のVM事例
 ・購買部門のVM事例
 ・品質管理部門のVM事例
 ・総務・経理部門のVM事例・・・etc

パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)