経営成果に直結する一気通貫生産方式 【募集中】

基本情報

テーマ 一気通貫生産方式で脱カンバン宣言!!
開催日 2017年9月13日(水)
時 間 10:00~17:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 (株)アステックコンサルティング チーフコンサルタント 太田 一成 氏
定 員 20名
参加費 会員 38,880円
一般 51,840円
日本生産性本部賛助会員 45,360円
※参加費には消費税・資料代を含みます。

詳細

脱カンバンの生産革新!

カンバン方式は素晴らしい生産方式ですが、多品種少量生産工場や工程数が非常に多い工場では適用が難しく、在庫増大や大幅なコストアップを引き起こす危険性があります。過去の価値観にしばられた改革で、本当に経営成果が上がっているか、いまいちど考え直してみてください。
生産革新を行なう上で重要な事は、改善改革手法は時代と共に変化するということを肝に銘じ、自社の環境に最もマッチした改革手法を選定し、改革に努めていかなければならないということです。今回のセミナーでは工場閉鎖の危機を乗り越えた改革手法、“一気通貫生産方式”で大きな経営成果を上げた企業の具体的事例と進め方を、実際に指導を担当したコンサルタントが、時系列的に詳しく解説いたします。

講師紹介

(株)アステックコンサルティング チーフコンサルタント 太田 一成 氏

大手家電メーカーにおいて研究開発、製造部門の責任者として要職を歴任すると共に、工場の改善指導、新規事業立ち上げの中心メンバーとして多大な成果を上げた。
その後、(株)アステックコンサルティング入社。
最先端の現場で培われた確かな知識と最新の手法を駆使し、製造部門の生産性向上、リードタイム短縮、製造原価低減等を実現し、企業の収益向上に大きく貢献。 温厚で誠実な人柄と広い視野、状況を冷静に判断し粘り強く問題に取り組む姿勢は、真に現場を変えるコンサルタントとして大いに評価されている。

プログラム内容

9月13日(水)10:00~17:00

1.

『プル型生産、カンバン方式の問題点』
①プル型生産の問題点
②カンバンの問題点
③現代の製造業での固定概念

2.

『一気通貫生産方式とは何か』
①一気通貫生産方式とは
②従来の生産方式との違い
③一気通貫生産方式のメリット
④一気通貫生産方式の手法体系

3.

『リードタイム短縮と生産計画管理』
①統括型生産管理基本モデル
②基準日程計画の考え方
③座席指定方式とは

4.

『低コスト・短納期調達のための購買・外注管理』
①在庫の基本的な考え方
②調達システムの構築
③調達L/T短縮の詳細

5.

『生産安定性向上に向けた生産部門改善』
①改善の段階とステップ
②仕組み改善による改革
③生産方式の決定と同期化

6.

『従来からの改善活動の問題点』
①従来のカイゼンの問題点
②理想システムの構築とマイルストーン
③一気通貫生産方式の実現ステップ

7.

『一気通貫生産方式による収益改善事例紹介』
~リードタイム短縮87%短縮、在庫58%削減達成事例~

8.

『生産革新活動推進の重要ポイント』
①経営成果への寄与
②目的主義であれ、手段にこだわるな

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

   

 パンフレットをダウンロードする