最新インドビジネスセミナー 【受付終了】

基本情報

テーマ 『最新インドビジネスセミナー』 ■インド人講師からの提言■
  ~新政策「MAKE IN INDIA」変化するインド拠点の動向を探る~
開催日 2016年6月20日(月)
時 間 13:00~17:00
会 場 渋谷近辺の会議室
講演者 ジャワハルラール・ネルー大学
 教授・博士 プレム・モトワニ 氏
対 象 経営者・海外担当者・現地責任者・管理者・海外生産担当者
参加費 日本ならびに他地区IE協会会員 38,880円
一般 51,840円
*消費税、テキスト代を含みます

 

詳細

おすすめ

 これまでインドでは、サービス業がけん引して経済成長を遂げてきました。
一方で、製造業では、インフラや各種投資規制などを背景に伸び悩んでいました。
しかし、モディ政権では、インドを世界の製造・輸出拠点とする構想
「MAKE IN INDIA」を掲げて、製造業の飛躍的な発展をめざしています。
 中でも、製造業の発展に不可欠なインフラ整備も進展しており、すでに進行中の
「デリー・ムンバイ間産業大動脈構想」に加えて、「スマートシティ構想」「ダイヤモンド
四角形プロジェクト」「貨物専用鉄道建設計画」など、大規模なインフラ・プロジェクトを
立ち上げ、外資誘致へ積極的な姿勢を見せています。
 今回は、インドにおける日本学の第一人者で、日本型経営についても造詣が深い、
プレム・モトワニ氏(ジャワハルラール・ネルー大学教授)をお招きし、モディ政権の
2年間の実績と課題から、「インドで成功するための条件」や「日本企業への提言」
についてご講演いただきます。
 この機会に多くの方々のご参加をお待ちいたしております。

プログラム内容

 1.モディ政権の2年間:実績と課題
  ◆ インド経済の現状
  ◆ 新政策とその効果

 2.ビジネスチャンスから見るインドの魅力

 3.インドにおける多国籍企業の動向

 4.多国籍企業の対印アプローチに見る
       欧米・韓国と日本の戦略の違い

 5.成功事例
  ◆ 日系:鈴木・ホンダ(製品アプローチ)
  ◆ 欧米:GE(人材・研究開発アプローチ)
  ◆ 韓国:サムスン(営業アプローチ)
  ◆ それぞれの国籍の失敗事例の紹介

 <ポイント①>
   インドの制約条件や政治・経済を理解し、インドの弱みをビジネスチャンスに変える。

 <ポイント②>
   欧米・韓国企業は、日系企業とはまったく違う戦略。インドの外国企業に対する制約はみな共通であるが、
   欧米・韓国企業はうまく乗り越えている。

 <ポイント③>
   インドは日本を待っている。日本流の展開だけではなく、現地に合わせた真の国際化が必要。
   「守り」から「攻め」へ!

※ ご講演のポイントは多少変更になる可能性があります。

講師紹介

  ジャワハルラール・ネルー大学 教授・博士 プレム・モトワニ 氏
1954年デリー生まれ。デリー大学卒業後、ジャワハルラール・ネルー大学で日本語を学ぶ。
同大学院で日本近代史を学び、1978年に修了後、同大学日本語科専任講師。現在、同大学教授(博士)。
1981年~1982年、大阪外語大学、東京大学に留学。国立国語研究所対外研究員として日本に
滞在。インドにおける日本学の第一人者であり、日本型経営にも造詣が深く、その学識は
社会的にも高い評価を受けている。
2015年度には、外務大臣表彰「インドにおける日本の研究の推進」を受賞されました。
【主な著書など】 “注目されるインドビジネス”『IEレビュー』2012年、日本IE協会
          『早わかりインドビジネス』2008年、日刊工業新聞社
          『ニューインド最前線』1998年、時事通信社        など



パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)