基礎から学べる品質工学 ~タグチ・メソッド~ 【終了しました】

基本情報

テーマ ロバスト設計の基本概念をわかりやすく解説します
開催日 2017年10月16日(月)、17日(火)
時 間 10:00~17:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 東芝電子エンジニアリング(株)
参加費 会員 71,280円 一般 86,400円 日本生産性本部賛助会員 82,080円
(消費税、テキスト代を含みます)
参加対象 若手技術者(設計・製造・品質部門)、タグチ・メソッド活用を考えている方
定 員 20名

詳細

おすすめ

品質工学(タグチ・メソッド)におけるノイズ(誤差因子)の考え方とロバスト設計の基本概念をわかりやすく解説します。2日目には紙コプターによる実験を行い、実際にデータを収集・解析することで具体的な適用法を習得できます。若手技術者や、これからタグチ・メソッドの活用を考えている方に最適です。

ポイント

● 外乱の影響を軽減させて、安定な性能を実現できます。
● 上流での最適設計のみならず、プロセス条件の最適化で出来栄え(工程能力など)向上に役立ちます。
● 設計部門はもちろん、開発部門、製造部門のリスク軽減・生産性向上にもつながります。

東芝電子エンジニアリング(株)

目まぐるしく変化し続ける経営環境に対応して企業が発展していくためには、経営のスピードを高め、正確に判断することが求められています。この実現には、顧客データや企業内データを一貫して利活用し、迅速な分析と意思決定を行っていくことがますます重要になっています。私たちは、データを「つなぐ」「みる」「とく」「みとおす」ことで、情報や知識を得ることを、使命としています。解析ツール、ITシステム、統計解析、コンサルティング、品質工学によるロバスト設計を一貫提供し、豊富な経験に基づくエンジニアリング力で、お客様のデータイノベーションを、サポートします。

プログラム内容

時間 研 修 内 容
10
 
 
16
 
 
(月)
10:00
 
 

17:00

1.はじめに
2.品質工学概論
 ①ロバスト設計とは
 ②用語説明、因子の分類
3.SN比・感度
4.直交表実験
 ①直交表、制御因子
   の割付、誤差因子の割付
 ②補助表、要因効果図、最適条件、
   利得の計算
5.運用テクニック・分散分析
6.演習
 ①直交表への割付
 ②補助表作成
10
 
 
17
 
 
(火)
10:00
 
 

17:00

7.実験
 ①概要説明
 ②紙コプター実験
 ・紙コプター作製
 ・L18実験
 ・データ解析、最適条件選定
 ・確認実験用紙コプター製作
 ・確認実験
 ・実験結果発表
8.ロバスト設計実施手順・まとめ
 

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

   

 パンフレットをダウンロードする