NPW(日産生産方式)現場セミナー 【受付終了】

基本情報

テーマ 工場の全体効率向上を狙った経営直結の工場改革方式!
開催日 2013年3月1日(金)
時 間 10:00~16:30
会 場 日産自動車(株) 追浜工場
講 師 日産自動車(株) 生産事業本部
NPW改善コンサルティング室 室長 武尾 裕司 氏
定 員 30名
対 象 経営者、生産担当役員、生産担当管理者
参加費 会員 33,600円   会員外 42,000円
*消費税、テキスト代を含みます

※現場セミナーにつき、同業の方はお断りする場合がございます。

詳細

ポイント

● 日産自動車の改善の考え方、活動の進め方について学び、自社の改善活動への活用方法を習得します。
● 日産生産方式の主要な改善手法である、道のり表の活用により、経営に直結する改善活動を可能にします。

おすすめ

昨今の厳しい環境下において、企業が継続的に発展していくためには、現状に満足せず常に改善活動を行なわなければなりません。しかし、「改善はこれまでも積極的に取り組んできたが、一生懸命改善しても経営に直結する成果がでない。」という声をよく聞きます。

日産の改善の考え方は、「目標をどのように設定するか」、その目標を達成するには「どのようなモノのつくり方をめざすか」、「そのためにはどんな改善が必要か」という手順で上位目標からブレイクダウンし、改善課題の全貌を明らかにします。

本セミナーでは、経営の側面に大きな効果を期待できるよう、個別最適ではなく、全体最適を狙った改善活動を学び、セミナー後に自社で実践できるノウハウの習得を目指します。
更に理解を深めるため、道のり表の活用で改革に成功した工場の見学会も併せて開催いたします。

講師紹介

日産自動車() 生産事業本部
NPW改善コンサルティング室 室長 武尾 裕司 氏
 1977年日産自動車株式会社入社。九州工場、富士工場など工場のIE・現場管理の専門家として活躍し、村山工場製造課長を歴任。その後、購買技術部でサプライヤーへの現場改善指導を担当しその手腕を振るう。1998年にNPW推進部設立の中心メンバーとなり、以来NPW(日産生産方式)のエキスパートリーダーとしてNPW推進と国内・海外の指導に従事し多数のコンサルティング実績がある。プログラム内容

3月1日(金)10:00~16:30

1.日産生産方式(NPW)の特徴 1. 日産生産方式の狙い
2. 2つの限りない
3. 目指す姿「同期生産」
2.日産流 改善の考え方と進め方 1. 「生産システム」と「管理システム」
2. 「モノと情報の流れ(移動の仕組み)」
  「付加価値(加工の仕組み)」
  「作業手順の仕組み」
3. めざす姿を構築・共有するためのツール「4つの箱」
4. 改善ツール、「道のり表」
3.生産革新を社内推進するための仕掛け
  (日産生産方式のケース)
1. 活動領域の設定
2. KPI(重点管理項目)の設定
3. グローバル展開
4. 具体的取組み
4.改善事例紹介(コンサルティング事例より) 1. 「収益力」、「競争力」総合改善
2. スタッフ系業務プロセス改善
.工場見学会
    
日産自動車(株)追浜工場
電気自動車「リーフ」の製造工場である
           追浜工場の見学・質疑応答
(※工場見学は一般見学者コースを使用します。)

パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)