第44回「日本IE文献賞」受賞事例講演会 【受付終了】

基本情報

テーマ 変化・競争が激しい時代の「IE」と「人づくり」
開催日 2015年9月8日(火)
時 間 13:30~16:50
会 場 東京・丸の内(経営アカデミー会議室)
定 員 100名
参加費 会員 19,440円 一般 25,920円 日本生産性本部賛助会員 22,680円
(消費税、資料代を含みます)

詳細

おすすめ

モノづくりを取り巻く環境は厳しさを増しています。特に、円高から円安へ為替が変化する中で、グローバルでの生産体制も再構築されるなど、日本を始め、各拠点の役割も変化しつつあります。
「IEレビュー」誌では、そうした情勢を踏まえ、人材育成、生産技術、物流改善、グローバル対応、現場改善など、IEが果たすべきベーシックな役割に焦点を当ててきました。昨年発行の284号~288号では、IEとITの融合、改善リーダーの重要性、工場(モノづくり)の楽しさ、生産準備段階へのIEの活用、海外での人材育成を切り口としながら、改善活動の大切さと、その継続に向けたマネジメントを中心に特集テーマを組んできました。地道で継続的な改善活動を通して、モノづくり・人づくりに取り組んでいる企業の姿と、IEの役割および将来展望を示すことに注力してきました。
この期間に掲載された40件の論文・記事のなかから、特に優れた7件を「日本IE文献賞」として選考し、7月の全国IE年次大会にて表彰式を行いました。
今回受賞を記念して講演会を開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム内容

時 間 第1会場 第2会場
13:30
 |
14:30
生産準備活動こそがIE活用の重要ポイント!
IEの適用範囲を拡大!

IE的視点から見た生産準備活動の役割


 成蹊大学

   理工学部 システムデザイン学科
   教授 篠田 心治 氏
技術・技能を「匠」と「工業生産」に分類!
全社共通の技術・技能の伝承ステップを構築!

技術・技能伝承活動と映像を利用した
               マニュアル・人材育成

 積水化学工業(株)
 生産力革新センター
   モモノづくり革新センター 品質グループ
   技術顧問 北廣 和雄 氏
14:40
 |
15:40
固有技術とIEの融合!
高度な自動生産プロセスの実現!

ロボットがロボットをつくる工場

 (株)安川電機

   生産・業務本部
   生産技術部 部長 馬場 天 氏
全社での改善活動!
改善リーダーの役割と必要な視点!

改善リーダーの育成と役割

 三木パワーコントロール(株)
 第三工場
  工場長 髙木 淳児 氏
15:50
 |
16:50
IE視点からの「からくり」のススメ!
安価・小型・自前化が成功への第1歩!

「からくり技術」による現場のモノづくり強化

 (株)石川改善技術研究所

   代表取締役 石川 雅道 氏
トヨタ生産方式をベースにした改善活動!
本気の思いが改善の成果に!

人と組織の成長を促す現場改善の軌跡

 (株)九州タブチ

   総務部 総務課
   責任者 竹内 亮太 氏

日本IE文献賞

日本IE文献賞は、1971年に第1回の表彰を行って以来、今年ですでに44回を重ねることとなりました。
同賞選考のもととなる協会誌「IEレビュー」の編集委員会は、大学や企業でIEの研究や実践・普及に携わる約23名の委員で構成されています。
各号で、時代のニーズやIEの発展に向けての展望や課題を掘り下げるために特集テーマを定め、企画チームを編成してテーマの内容を掘り下げ、その下で論壇およびケース・スタディを掲載しています。また、従来からの会社探訪や現場改善、連載講座に加え、IErの想いを伝えるビットバレーサロン、特集テーマに関する情報を広く提供するプリズムなど、記事構成を多様化し、誌面の充実に努めています。
日本IE文献賞は、毎年発行される「IEレビュー」5冊に掲載された文献のなかから優れた論文や記事を表彰し、広く産業界ならびに学界に披露することによって、IEの発展と普及に寄与することを目的としています。

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

   

 パンフレットをダウンロードする