『からくり技術』による現場のモノづくり力強化 【受付終了】

基本情報

テーマ 『からくり技術』による現場のモノづくり力強化
開催日 2015年2月26日(木)
時 間 10:00~17:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 (株)石川改善技術研究所 代表取締役 石川 雅道 氏
定 員 30名
参加費 会員  34,200円
会員外 45,000円
*消費税、テキスト代を含みます

詳細

「からくり技術」とは?

 需要の変化に柔軟に対応するためには、小規模なモノづくりへの転換が必要であり、それを実現する
ための「カイゼン」や「からくり」の工夫・手段です。

おすすめ

 成熟化した市場においては顧客のニーズが多様化します。単品種を大量に生産供給する旧来の大規模
な自働化工場では、多品種化の対応が困難となります。大規模な工場やラインに過剰な投資をすることが
大きな経営リスクになることは、テレビの販売低迷で経営が悪化した家電業界で立証済みです。今こそ規
模の大きさを追求するのではなく、市場の需要に合わせて、売れ筋の商品を必要な量だけ素早く供給でき、
経営リスクを回避できる小規模な能力のモノづくりへの転換が今こそ必要だと考えます。
 また高い労務費の日本が安価な労務費の地域に勝つ方法としては、創意工夫の「からくり」と呼ばれる
治具や設備で更なる生産効率の向上と投資効率を上げることが益々必要です。
 本セミナーではこうした実現の手段を「からくり技術」と称し、
  ・現場における作業改善を活発化する道具の工夫
  ・半自動化ライン設備の改善の着眼点
  ・需要変化に強い小規模な能力の自動化ラインの具現化
以上のような内容を、事例を交えて紹介します。
 現場への普及・展開に役立つ内容です。是非、受講をご検討ください。

講師紹介

(株)石川改善技術研究所 代表取締役 石川 雅道 氏
 1951年秋田県に生まれる 東北大学工学部卒業。住友金属工業(株)を経て1977年ソニー(株)入社。
生産技術は「IE的な手法」と「技術の革新」の両輪で進めるべきという持論を元に、デバイス・半導体の
 生産ラインの企画構想や設備治具の開発を行う一方、IEやトヨタ生産方式による製造現場の生産性
向上・品質歩留向上を長年に渡って担当する。
 工場での作業改善・品質向上や在庫削減指導を行いながら、「安価で小型の設備・治具で
現場を更に進化させる」をスローガンに「からくり技術」として、国内外の工場における生産技術や
製造技術の人材育成と指導を行い、大きな成果を上げた。2009年に退社して起業し、自ら体験した
ことを元に前述に関連するIE協会や生産性本部のセミナーの講師や中小企業のモノづくり支援等で
現在に至る。

プログラム内容

2月26日(木)10:00~17:00

1.セル生産とともに発展した「からくり技術」
    ・家電業界が低迷した背景
    ・家電業界で誕生したセル生産
    ・装置型産業でセル生産に発展させる鍵
    ・「からくり技術」と呼ぶ背景  
2.現場の改善活動を活発化する「からくり技術」」
    ・「もったいない」がモノづくりの原点
    ・覚えておきたいPTSの手法
    ・標準作業組み合わせ票の活用
    ・小さな工夫で作業を楽しく
    ・部品を一個ずつ取るからくり
    ・リフトやホイストを使わない運搬 
3.違いをつくるための「からくり技術」
    ・設備は、「機能」と「機構:メカニズム」で構成される
    ・大工道具に「機能」を学ぶ
    ・「機構:メカニズム」はからくりに学べ
    ・からくりの治具や設備を実現する勘所
    ・ポカヨケのコツは「違い」に着目
    ・想像力が創造力に
4.智恵を集めた「からくりオートメーション」
    ・利益を生むには、大規模より小規模
    ・セル生産思想を小規模ラインに適用
    ・小規模生産能力ラインでの設備の在り方
    ・ライン/設備の基本的な考え方
    ・小規模ライン/設備の実現のノウハウ
5.人材育成と活動の在り方
    ・崩壊した人材育成と現場の課題
    ・考える技術者育成のカリキュラム
    ・全社挙げた活動展開に
    ・技術者の意識改革と技術力の向上への施策
6.まとめ
    ・Q&A
    ・アンケート

 

受講の成果(期待効果)

 ・現場の作業改善が進んだ工場を更に一歩進めるための治具・設備の在り方の着眼点、具現化
  への改善手法を身につけられる。
 ・市場の需要が益々不透明になる中、リスクを回避した小規模能力を持つモノづくりの工場を
  構築し、そこに適したラインや設備を実現するための秘訣を会得できる。


パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)