高品質・低コストのつくり込み!! 【受付終了】

基本情報

テーマ 設計は日本、生産は東南アジアによるモノづくりに向けて!!
開催日 2012年5月11日(金)
時 間 10:00~17:00
会 場 東京・渋谷近辺の会議室
講 師 (株)MEマネジメントサービス 代表取締役
明治大学 専門職大学院会計専門職研究科特任教授
法政大学 アカウンティングスクール兼任講師 小川 正樹 氏
定 員 30名
参加費 会員  33,600円
会員外 37,800円
*消費税、テキスト代を含みます

詳細

おすすめ

製造業のものづくりは、良い品質(High Quality)の製品を安く(Low Cost)が大前提で、「厳しい品質へのニーズに応えつつ、一段のコストダウンを実現」させなければ生き残れません。
不良のない、顧客を満足させる製品を作るには、開発設計段階から生産技術・製造段階まで、密な連携を図り、品質を作り込むことが必要不可欠です。ばらつきのない製品を作り込むには、品質がばらつく要因を把握し、ばらつきの悪さ加減をコントロールすることがポイントとなります

本セミナーでは、ものづくりの観点から品質のばらつきを低減し、コストダウンも同時に達成するアプローチについて実践例を交えて、わかりやすく解説します。
※ご参加のみなさまには小川講師著書「高品質・低コスト生産のすべて」進呈!!

講師紹介

(株)MEマネジメントサービス 代表取締役
明治大学専門職大学院会計専門職研究科 特認教授
法政大学 大学院アカウンティングスクール 兼任講師   小川 正樹 氏

㈱日本能率協会コンサルティングを経て、現在、㈱MEマネジメントサービス代表取締役。
原価管理、原価見積、生産・物流管理システムの立案、構築、実施やIE改善を通じて総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務を中心に活動。また、開発・設計段階(CAD/CAMを含む)から製造までの領域を扱い、公開セミナーや社内教育も同時に行っている。

著書に「実践原価企画」税務経理協会、「絵でわかる超入門原価計算」すばる舎、「技術者のための見積原価計算」(共著)/日本能率協会マネジメントセンター刊などがある。

プログラム内容

5月11日(金)10:00~17:00

第1章 もの作りと品質とコストの関係を整理する
1-1 原価の仕組みと品質コストを体系的に整理する
1-2 開発設計段階で発生するばらつき現象と要因
1-3 生産技術・製造段階で発生するばらつき現象と要因
1-4 品質が悪いために発生するコストの中身と対策重要改善点が見えてくる
【演習】品質に関するお金を「予防コスト」「評価コスト」「失敗コスト」に分類する
第2章 開発設計段階での高品質・低コスト実現のポイント!
2-1 品質問題を予測し対応する開発設計方式
2-2 お客さまの要求を設計品質へ変換し技術を発掘する
2-3 コスト改善の方向性を決定する原価のポートフォリオ分析
【演習】原価のポートフォリオ分析を実践する
第3章 製造段階での高品質・低コスト実現ポイント!
3-1製造品質は5つの要因で決まる
3-2 「5S」が徹底されているか
3-3 製造品質を見える化する「工程能力指数」とは
3-4 機械化・見える化などにより高品質状態を維持管理しよう
【演習】工程能力を算定する
第4章 製造段階での高品質・低コストを実現するもの作りへのアプローチ
4-1 失敗コストの低減策と活動の進め方
4-2 評価コスト・調整コストの低減策と活動の進め方
【演習】最適な検査回数を求める
第5章 開発設計段階での高品質・低コストを実現するもの作りへのアプローチ
5-1 機能のばらつきが品質を左右する
5-2 技術的矛盾を解決するTRIZを活用する
5-3 ばらつき低減条件を確立するパラメータ設計の進め方
5-4 事例で高品質・低コストを学ぶ
第6章 高品質・低コストを実現し開発リードタイムを短縮する
6-1 高品質・低コストと開発設計リードタイム短縮
6-2 CAx技術を活用した開発設計システムを構築する
6-3 CAD見積システムの活用と構築例

パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

     参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします
  代理氏名 ・会社 ・所属 ・役職 ・住所 ・TEL ・Eメールを事前にご連絡ください → jiie@j-ie.com
  (個人会員の代理は一般価格となりますので、追加請求いたします)