平成31年度技術士(経営工学部門)第一次試験 受験対策講座

基本情報

今日の決断が明日の道を開く
スクーリング講座 (I-1) 通信講座 (I-2)
第1回:2019年3月23日(土)
技術士試験制度、専門科目Ⅰ
第2回:2019年5月25日(土)
専門科目Ⅱ、基礎科目、適性科目
第3回:2019年8月24日(土)
模擬試験 (専門・基礎・適性科目解説書付き)
※12月に二次試験準備のテキストを送付します
※「テキスト・過去問題集・練習問題・正解解説」
  配布
1回目テキスト配布(4月)
試験制度の理解,準備法,専門科目の対策
2回目テキスト配布(6月)
基礎科目の対策,適性科目の対策
3回目テキスト配布(12月)
二次試験の準備
※スクーリングと同じテキストを配布します
最少実施人員10名
場  所  :生産性本部ビル セミナー室 10時~17時
(東京都千代田区平河町2-13-12)
受講料:(税込)会員54,000円 一般75,600円
受講料:(税込)会員43,200円 一般64,800円
※第1回目のスクーリングは無料にて参加可
※通信講座では模擬試験は配付しません
※第2回、第3回のスクーリングへ有料(10,800円/回)
  にて参加できます
※日程・内容は来年度(平成31年度)の試験日程その他によって変わることがあります
※一般受講料の方は、個人会員へ入会されますと10,600円お得です

  個人会員へ入会した場合の費用:入会金1,000円+年会費10,000円+会員受講料

国家が認定するプロのエンジニアを目指して!

「技術士」制度をご存知でしょうか。「技術士」は「科学技術分野における専門的学識及び高等の専門的応用能力を有する専門技術者 Professional Engineer」であり、社会的に認知された価値ある国家認定の最高レベルの資格です。技術士の資格習得は「技術者としてのレベルアップ」「自立した専門技術者への飛躍の一歩」そして「国際的に活躍する夢の実現」に近づく道です。
技術士試験は、一次試験と二次試験に分かれています。一次試験は、一次試験免除を認定された大学・高専等の特定のコースの修了者を除き、必須の試験で、合格後、二次試験にすすむことができます。二次試験は、所定の実務経験期間を経て、受験することができます。(一次合格時点で実務経験が7年以上あれば、翌年、二次試験を受験することができます。)

  • 技術士試験は、一次試験と二次試験に分かれています。一次試験は、一次試験免除を認定された大学・高専等の特定のコースの修了者を除き、必須の試験で、合格後、二次試験にすすむことができます。二次試験は、所定の実務経験期間を経て、受験することができます。(一次合格時点で実務経験が7年以上あれば、翌年、二次試験を受験することができます。)
  • 一次試験での学習は、二次試験合格に向けての基礎固めでもあります。この段階で、単に一次試験に合格すればよいのではなく、一次試験学習時より、技術士合格へ向けて取り組むことが大変重要です。本講座では、二次試験へ向けての取組み方のレクチャーもおこないます。
  • 日本IE協会では、経営工学部門の技術士受験講座を平成10年より開講し、多くの技術士を輩出しています。講座では、試験対策、過去問題の傾向と解説、模擬試験をおこない、合格に向けて万全のサポートをおこないます。

パンフレットをダウンロードする

※プログラムは都合により変更になる場合があります

お申込み

    参加証(会場案内)と請求書を、開催日2週間前より順次送付します

※ 開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、あらかじめご了承ください