IEフォーラム 【募集中】

基本情報

テーマ 『スマート化が進むモノづくり現場でのIEの方向性を探る!』
開催日 2018年2月26日(月)
時 間 10:00~16:05
会 場 東京・信濃町 東医健保会館(JR信濃町駅下車徒歩5分)
参加費1名あたり 会員 16,200円 一般 21,600円 日本生産性本部賛助会員 18,900円
(消費税、資料代を含みます)

詳細

おすすめ

近年、IoT、ビッグデータ、AIなどの先進技術の活用による産業構造の変革が今後の日本の成長の源泉になると言われています。あらゆるデータを活用するという点では工場のスマート化が進み、製造業の現場においてもIoTでつながった工場や設備の稼働率向上やBCP管理などに適用されはじめています。ベーシックなIE手法の考え方は変わらないものの、今後、情報量が増加する事は間違いありません。
IoTの導入によって、取得した種々のデータをどう活用すれば最大限に効果が出るのかという点はIErも一緒に考える必要があります。
本フォーラムでは、様々な活用シーンについての提案事例や、実際に現場改善に活用して効果を出している事例をもとに、これからの方向性を考えていきます。ぜひ、多くの方々にご参加いただき、ご討論をお願いいたします。

コーディネーター

上智大学 理工学部 情報工学科 教授 伊呂原 隆 氏 (日本IE協会「IEレビュー」編集委員)
生産物流システムにおける最適化や生産効率を最大化する工場レイアウトに関する研究に従事。

【2018年2月26日(月) プログラム(予定)】

今後の生産性向上に向け、IEおよび経営工学の視点でIoTや得られたデータの活用方法について議論する。

時 間 プログラム(予定) ご講演者
10:00
 |
11:00
《基調講演》
IoT時代の“つながるものつくり”と“IE”
○IVIの活動と推進事例を総括
○ものづくりとITが融合した新しい社会のデザイン
○高度で先端的な要素技術(IoT、自動化、ネットワークなど)
 が活用されるなかで、“人”が中心となったものづくりの
 あるべき姿
一般社団法人
インダストリアル・バリューチェーン・ イニシアティブ

代表副幹事 西村 栄昭 氏
11:10
 |
12:00
《IVI事例紹介》
製造設計連携
○商品ライフサイクルが短い現在、初期段階で設計と製造が
 連携し、製品上市前に課題の芽を摘むことを実現
○CPS(サイバーフィジカルシステム)の実証実験事例と
 その効果
ブラザー工業(株)
(IVI会員企業)
生産革新部
グループマネジャー
西村 栄昭 氏
   休憩(12:00~13:00)  
13:00
 |
13:50
《IVI事例紹介》
自社製品販売後のサービス付加価値向上
○設備納入先の「工場見える化」「故障予知」「補修部品最適化」
 を実現
○納入先(食品メーカー)の「製品品質安定化」「製造原価低減」
 につなげるIoTを駆使した実証実験事例
アビームシステムズ(株)
(IVI会員企業)
ソリューション事業部
執行役員 柏田 淳一 氏
14:00
 |
14:50
《事例紹介》
生産現場で受け入れられる
               IoTソリューション事例
○開発と工場が一体となり、人作業を中心とした製造現場へ
 音声対話型AI帳票を導入し、生産性と品質を向上
○音声対話型AI帳票を工場内に留まらず、新たな活用(現地
 工事領域)に向けた取り組みを紹介
NECプラットフォームズ(株)
福島事業所
執行役員 佐藤 秀哉 氏
15:00
 |
15:50
《事例紹介》
スマートデバイス×IoTによる
               IE分析の圧倒的な効率化
○スマートウォッチ、スマートフォンを活用したIE分析
○製造、物流現場における活用事例
○間接部門における活用事例
AGC旭硝子
資材・物流部
プロフェッショナル
高橋 正人 氏
15:50
 |
16:05
総括および自由討論 上智大学
理工学部 情報工学科
教授 伊呂原 隆 氏

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

   

 パンフレットをダウンロードする