2011日本IE協会年次大会

基本情報

テーマ 新たな飛躍、明日への挑戦
~IEで拓くモノづくりとサービスの新たな価値~
日 程 2011年10月5日(水)~6日(木)
会 場 1日目:パシフィコ横浜 会議センター  2日目:各見学先
参加費
(税込)
  法人会員
協賛団体
個人会員
大学関係
一般 学生
1日目 通常価格 24,000円 14,700円 42,000円   3,150円
1日目 人数割引価格
(9月1日から)
22,000円 14,700円 31,500円   3,150円
現場見学会(1コースにつき)
(1日目を申し込まれた方)
10,500円 10,500円 21,000円 10,500円
現場見学会のみ
(1コースにつき)
21,000円 21,000円 31,500円 21,000円
・1日目の費用には、資料代、昼食代を含みます。
・人数割引価格は、3人以上まとめてお申し込みの場合に適用します。
・現場見学会は、複数のお申し込みを受け付けます。
 また、代理の方の参加も受け付けます

同時開催:「見える化」のツール展につきましては、コチラをご覧ください

お申込み

(1)以下の申込ボタンを押し必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。
(2)1日目は申込み時点で正式受付とし、受付返信メールが「1日目参加証」となります。
(3)現場見学会は見学先への確認および人数調整後、正式受付となります。
(4)「現場見学会参加証」、「請求書」は、9月上旬から順次送付いたします。
(5)開催日1週間前からはキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いいたします。
PDFをダウンロードする 申し込む

大会主旨

 日本は、本年3月に発生した東日本大震災、その後の電力不足を乗り越え復興を成し遂げつつあります。この未曾有の大災害で、被災地企業の設備損壊はもとより電気や交通といった社会インフラも大きな被害を受けました。さらにグローバル・サプライチェーンでつながった世界中の多くの企業がチェーン寸断により材料/部品が入手できずに生産中断という大打撃を受けました。今、日本企業はこの大変な経験を今後の経営に活かすべく、これまでより高度なリスクマネジメントやグローバル・サプライチェーン再構築を含むモノづくり変革を強力に推進して一段の飛躍を遂げようとしています。
 本大会では、企業戦略、人材力、現場力、拡がるIE視点のテーマで上記のモノづくり変革についての企業取り組み事例を学びます。

講演会 2011年10月5日(水)9:30~12:00

開会挨拶

 日本IE協会会長
(株)日立製作所 代表執行役 執行役社長 中西 宏明

  

特別講演

 「社員全員が“常に考える”!」
経営未来工業(株) 取締役社長 瀧川 克弘 氏
 
 
 

特別講演

 『東日本大震災に遭遇して ~実体験から学んだこと~』
東北リコー(株) 代表取締役 社長執行役  敦賀 博 氏
 
 

事例発表 2011年10月5日(水)13:00~17:10

第1分科会「企業戦略」 ~変容する世界秩序で日本の共存(戦略)を探る~

100年に1度の世界同時不況の中から漸く立ち直りかけていた世界経済も今だ先行きの不透明な情勢が払拭できない状況にある。この様な中、日本の強みであるモノづくり力・高い品質力をいっそう磨き、中国を含む東南アジアの活力を取り込み、変貌していく世界秩序や現地にあった企業戦略を立てる必要がある。将来を見据えた柔軟な、戦略に基づく取組みこそが復活する日本のモノづくりの道筋といえる。本分科会では、これらの企業戦略を武器に躍進する優秀企業を招聘し、更なる発展の方策を学ぶ。

良品計画の経営改革とグローバル展開
~進化と実行を携えて~
(株)良品計画 代表取締役会長
  松井 忠三 氏

強い小さな小規模工場づくりの一考察
~リスク管理経営につながる小規模工場づくり~
横浜ゴム(株) 役員顧問
  高山 章久 氏

リチウムイオン電池の新たな発展
~世界が評価するベンチャー企業~
エナックス(株) 代表取締役
  小沢 和典 氏

技能と技術で生きる中小企業
~身につけたもので生きる人たち~
早稲田大学 商学部 教授
  鵜飼 信一 氏

第2分科会「人材力」 ~グローバル化拡大への対応と日本でのモノづくり深化~

グローバル化が加速する中、勝ち残れるモノづくり力が求められる。その源泉となる人材力は競争における重要なキーである。グローバル化では、「伝統的な暗黙知の継承から形式知に基づく新たな仕組み」や「日本のモノづくりの仕組みを言語・文化が異なる現地に融合させる新たな仕組み」等が求められている。一方、日本では、ベテランの減少や製造の海外移転等の変化のある中、伝統的なモノづくりを支える人材育成のスピードを上げ、より深化させることも必要と考える。本分科会では、「グローバル化」と「日本でのモノづくり深化」を「人材力」育成の観点から成功体験事例をもとに探求していく。

日本人のここは不思議
~中国人からみて日本人の不思議な考え方~
(株)FLD 首席講師
  萬 里紅(ワンリサ) 氏

グローバル人材力強化の取組み
~「人を基軸に置いた経営」をベースとして~
ダイキン工業(株) 人事本部 人事企画グループ長 部長
  山田 智彦 氏

モノづくりの心を伝える人材育成の展開
~45年間 現場で鍛えた技能・知識の伝承をめざして~
アイシン精機(株) 生産人材育成部 部長
  鏡味 聖治 氏

ファイザージャパンの人財育成システム
ファイザー(株) PHAグループ 人財育成部 部長
  松田 弘司 氏

第3分科会「現場力」 ~国際競争に勝てる日本の現場力~

多くの日本企業が、海外に工場を進出させ、「グローバル化」を進めているが、品質も含めたトータルコストでの改善に苦慮している状況が伺える。そのような中でも、経営戦略と現場力(限りない改善・限りない向上心)を融合させ進化し続ける国内工場と、更には、日本の現場力を海外工場に展開させ飛躍している企業など、コスト競争に打勝つ施策を展開している。本分科会では、強い日本の現場力を躍進させている企業事例を研究し、今後の現場力の有り方について学ぶ。

ものづくりは人づくり
~生き残りをかけた工場再生~
ボッシュ(株) 執行役員 栃木工場長
  松尾 政明 氏

新興国におけるモノづくり人財育成
~インド新工場立上げの事例から~
日産自動車(株) NPW推進部 エキスパートリーダー コンサルティングダイレクター
  市川 博 氏

海外拠点における現場力強化・風土づくり
~現地メンバーが自ら考え実践する工場強化活動~
PT. Yamaha Music Manufacturing Asia 取締役 生産部長
  袴田 雅彦 氏

コマツにおけるSCM・生産・物流の改善
コマツ物流(株) 代表取締役社長
  田村 耕司 氏

第4分科会「拡がるIE視点」 ~幅広い分野での新たな価値の創生~

円高、グローバル化、環境対策など事業経営を取り巻く環境変化は益々激しさを増している。このような中で、特に生産性向上や品質改善、リードタイム短縮などを得意とする我が国産業界では、本来製造現場で培われてきたIE的見方や手法が今やあらゆる業種の現場で幅広く活用され、それら経営課題に果敢にチャレンジし続けている。本分科会では、お客さま視点を最優先し、さらに独自の気づき、新たな発想から“価値の創生”を実践している、サービス業、医療分野、ロジスティクスなど幅広い分野で展開されている改善や効率化事例を紹介し、産業界全体へのさらなるIEの拡がりを提案していく。

クリーニング業における平準化の取組み
~大量に洗う方式から、必要のものだけを洗う方式へ~
(株)喜久屋 取締役副社長
  嶋田 喜明 氏

TOTOのロジスティクスの取組み
~物流LT短縮を狙った、配送体制、荷役体制の改革~
TOTO(株) 物流本部 物流技術部長
  北村 正良 氏

スーパーホテルにおけるお客様満足と業務の効率化へ向けたIEの活用方法
(株)スーパーホテル 取締役
  北原 秀造 氏

外食産業におけるサービス工学の実践事例
がんこフードサービス(株) 専務取締役
産業技術研究所 サービス工学研究センター 研究顧問
  新村  猛 氏

現場見学会 2011年10月6日(木)~14日(金)

詳細と申込状況はこちらから

コース 開催日 訪問先(所在地) 見学ポイント(予定)
10/6(木) 富士ゼロックスマニュファクチュアリング(株)
 新潟事業所
生産革新による災害にも強い生産体制の構築
10/6(木) (株)喜久屋
 松伏工場
KPS導入による平準化と生産性向上の実現
10/6(木) (株)リコー
 御殿場事業所
高感度にすばやく対応できる生産方式の追求
10/6(木) (株)深井製作所・あしかがフラワーパーク 徹底した5S、拡がる5S
10/6(木) コマツ
 小山工場
グローバル化拡大に対応する生産・物流改善
10/6(木) (株)IHI
 横浜第一工場
大型圧力容器生産の改善活動
10/6(木) ANA
 機体メンテナンスセンター
 全員参加の改善活動

10/6(木) 横浜ゴム(株)
 三島工場
TPM活動・TPS活動・人財育成の3本柱で取り組む工場の改善活動
10/7(金) 日産自動車(株)
 追浜工場
電気自動車との混流タクト生産
10/7(金) 鹿島建設(株)
 新宿六丁目N街区計画新築工事
超高速施工を実現する施工合理化
10/7(金) ファイザー(株)
 アポロ・ラーニングセンター
 外資系企業の日本国内での人財育成
10/12(水) ボッシュ(株)
 栃木工場
世界一をめざし生き残りをかけた工場再生
10/12(水) いすゞ自動車(株)
 藤沢工場
 世界同一品質を実現する生産革新活動

10/12(水) 東芝キヤリア(株)
 富士事業所
季節変動に対応する変化に強い生産体制の構築
10/14(金) ヤマハ(株)
 豊岡工場
専門性と「匠の世界」をあわせもつ管楽器づくり
10/14(金) (株)日立ストレージマニュファクチャリング
 小田原事業所
皆で創る生産性世界一の製造会社

一部のパンフレットに記載していました「Lコース」は、都合により中止といたしました。

お申込み

(1)以下の申込ボタンを押し必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。
(2)1日目は申込み時点で正式受付とし、受付返信メールが「1日目参加証」となります。
(3)現場見学会は見学先への確認および人数調整後、正式受付となります。
(4)「現場見学会参加証」、「請求書」は、9月上旬から順次送付いたします。
(5)開催日1週間前からはキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いいたします。
PDFをダウンロードする