2014日本IE協会年次大会 開催概要

大会テーマ

「未来を創る力・モノづくり」
  ~ 多様化への新たな挑戦 ~

大会主旨

 私たちが、地球環境劣化が見込まれる未来においても永続的に「心豊かなライフスタイル」を創造し続けて行くことができるでしょうか? その原動力として、「モノづくり」が未来のために貢献できることは何でしょうか?

 モノづくりにおいては、海外生産推進の時代を経て、柔軟なグローバル生産戦略がより一層重要となってきました。工場での生産効率のみならず、エネルギーや各種リソースの省力化、サプライチェーンの効率化、品質リスクの低減、また、少子高齢化に伴う労働人口減少への対策など、国内海外最適化の中で直面する課題は山積しています。更に、成熟社会と新興国市場、ダイバーシティ、アライアンス、様々なステークホルダとの関係など、多様化する企業環境を前提にしたチャレンジングな取り組みがなされて来たことと思います。

 本大会では、これらの課題に対する企業戦略、プロセスやモノづくりを育む現場、現場を担う人財、そしてグローバルに機能性を発揮するITの4つの領域について、それぞれを振り返ると共に、これを将来に向けた「新たな挑戦」として、力強い取り組み事例を共有することにしました。業界の垣根を超えた情報共有や相互のコミュニケーション・交流はIEの原点であり、モノづくりを通して獲得・蓄積してきた日本企業の競争力でもあります。

 高い志と熱い意欲を持った果敢な挑戦に新たな発想を加えてグローバル成長をめざしている企業の取り組みや、それらを支える人財の育成や現場での工夫を凝らした活動、また産学が連携した活動など、今後の活動に必ずお役にたてる内容ですので、是非ともご参加いただき、参加者相互で交流の輪を大いに広げていただければ幸いです。
 皆さまのご参加を心からお待ちしています。

講演会 2015年10月19日(月)9:30~12:10

基調講演
日本IE協会会長
日本電気(株) 代表取締役 執行役員社長 遠藤 信博

特別講演
芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科 教授   町田 尚 氏

リフレッシュ講演
獨協大学教授・経済アナリスト   森永 卓郎 氏

事例発表 2015年10月19日(月)13:10~16:40

第1分科会「企業戦略に学ぶ」  ~持続する企業であるために~

 我々を取り巻く環境は想像を超える速さで、多様性を含み変化している。そのような環境の中、顧客への価値訴求につながるものづくりの戦略を見いだせず、苦戦を強いられている企業も少なくない。そこで市場の多様化するニーズに応え、独自の売り上げを伸ばす仕組みを作ると同時に、自らの強みを生かしたイノベーションによって、価値を創造する企業戦略が必要不可欠となっている。
 本分科会では、社会や市場の潮流を読み、そこに意識を合わせた企業戦略で躍進する企業の事例や、ロボット新戦略など、官民含めた未来の潮流を創る新たな取り組み事例から、持続発展の方策を学ぶ。

・富士フィルム(株)
他2件 交渉中

第2分科会「人財力」

 世界市場における価値観の多様化と経済環境の変化とその連鎖は第四次の産業革命とも言われ押し寄せている。その中で日本の産業の強みは人財そのものであるが、国内外での生産対応を課題として取り組む中、全体最適と効率を模索しながら、(モノづくり)人財の確保と育成を行なっている。
 本分科会では、日本の優れた(モノづくり)の技術と技能の伝承に着目し、ダイバーシティ等で多面的に取り組む最先端の仕組みを追求する。

・オムロン京都太陽(株)

・(株)テクノツリー

・凸版印刷(株)

第3分科会「日本企業の高品質を支える現場力の追求」

 急速に変化する事業環境の中、企業は生き残りをかけ、様々な要求への対応を求められている。特に、「人、モノ、コスト」については厳しい条件を突きつけられている。今、過去の経験値だけでは乗り越える事が難しい局面を受けながら、企業は力を結集し乗り越えようとしている。
その様な時代背景の中、日本企業は創意工夫による進化を遂げようとしている。より高度なモノづくり、更なる高品質、ITの活用等、様々な改善や職場を超えたチームワーク等の現場における「現場力」を元に立ち向かっている。
 本分科会では、日本の企業を支える現場力を主に進化し続けている事例を研究し、現在の現場力とは何かを探求する。

・三菱電機(株)

・東京ガスエンジニアリングソリューションズ(株)

・オークマ(株)

第4分科会「拡がるIE視点」 ~ITとの融合~

 国内外のグローバル化への対応、持続可能な経営の実現、環境対策など事業経営に求められる課題は日々刻々と変化をしている。生産性向上や品質改善、リードタイム短縮などを得意とする我が国の産業界ではこれら経営課題に果敢にチャレンジし続けているが、このような環境下、お客さま視点までを含むバリューチェーンにおける新たな価値への気づき、イノベーションが必要になっている。
 製造業にとどまらずIT(情報技術)とIEを融合させ、さらに独自の気づき、新たな発想から“価値の創生”を実践している幅広い分野での取組みを紹介し、より一層のIEの拡がりを提案していく。

・日本マイクロソフト(株)

・(株)三越伊勢丹ホールディングス

・トヨタ自動車(株)

産学連携共同研究事例発表

「日本経営工学会」「日本技術士会」「日本IE協会」の3団体連携による産学連携共同研究事例発表です。

現場見学会 2015年10月20日(火)etc

開催日の異なるコースを同時にお申込みいただけます。また、現場見学会のみのお申込みも可能です。

コース 開催日 訪問先 工場名
10/20(火) NECネットワークプロダクツ(株)  
10/20(火) 日立オートモティブシステムズ(株)  
10/20(火) 雪印メグミルク(株)  
10/20(火) 東芝ホームテクノ(株)  
10/20(火) 新日鐵住金(株)  
10/20(火) (株)クボタ  
10/20(火) (交渉中)  
10/20(火) (交渉中)  
10/20(火) (交渉中)  
10/20(火) (交渉中)  

基本情報

テーマ 未来を創る力・モノづくり
~多様化への新たな挑戦~
日 程 2015年10月19日(月)・20日(火)
会 場 19日(月)【講演会・事例分科会】:パシフィコ横浜 会議センター
20日(火)etc【現場見学会】:各見学先
参加費
1名分
(税込)
  法人会員
個人会員
協賛団体
一般 教諭
教員
学生
【講演会・事例分科会】
通常価格
27,200円 47,500円 11,880円 3,560円
【講演会・事例分科会】
早期申込割引価格
※9月27日までに申込みの場合
24,900円 35,600円 ---- ----
【講演会・事例分科会】
人数割引価格
※3人以上の同時申込みの場合
24,900円 35,600円 ---- ----
【現場見学会】1コース分
※上記とセットで申込みの場合
11,880円 23,760円 11,880円 11,880円
【現場見学会】1コース分
※【現場見学会】のみ申込みの場合
23,760円 35,640円 23,760円 23,760円
・【講演会・事例分科会】の参加費には、資料代、昼食代を含みます。
・【現場見学会】は、開催日の異なるコースを同時にお申込みいただけます。
また、代理の方の参加も受け付けます。