「情報システム/モノづくりツール展 2016」

10月28日(金)開催

【株式会社日本生工技研】

ビデオ映像を活用する作業分析ソフト「タイムプリズム」
作業をビデオで撮影し、パソコン上でその映像を再生しながら作業分析を行うことができ、その分析データから改善活動に必要な様々なグラフ・チャートを作成できる機能などを併せ持ったIE支援ソフト。 IEの基本作業である作業時間の測定を簡単なマウス操作で行え、各種グラフ・チャートの自動作成など作業分析時間を大幅に短縮できる。 また、映像を活用した動画マニュアルも簡単に作成でき、標準作業の教育などに有効活用できる。
----------------------------------------------

【富士通株式会社/デジタルプロセス株式会社】

デジタル生産準備を加速するVPS(Virtual Product & Process Simulator)
富士通が提供するデジタル生産準備ソリューション「VPS」の展示を行います。VPSは、実機の代わりに3次元デジタルデータを活用し、組立生産準備における製品レビューから製造工程検討に至る業務プロセスを一貫支援、ものづくりのQCD向上に寄与するパッケージソフトウェアです組立検討から帳票作成までの作業を支援する「VPS MFG」と仮想ラインで工程をシミュレーションする「VPS GP4」の展示を行います。
----------------------------------------------

【東洋ビジネスエンジニアリング株式会社】

動作・姿勢分析システム「RAKU-Motion」
KinectTM for Windows® や Xsens MVN などのモーションセンサで、作業者の動作や姿勢を3Dデータ化し、IoT による作業指導・作業保証・作業負荷の評価を実現します。
・ 3Dモデルや三次元座標などの分析データを、手間をかけずに取得
・ 3Dモデルを見ることで、改善ポイントの発見が容易
・ 評価する人のスキルに依存しない、実測データによる客観的な評価
・ これまでに無かった( 取得出来なかった)新しい指標による評価
・ データを裏づけとした説明により、納得性が向上
製造部門、生産技術部門、安全推進部門の改善活動にご活用頂けます。
----------------------------------------------

【日本電気株式会社】

NECの考えるIoT時代のものづくり
「NEC Industrial IoT」 製造業におけるIoTの活用は、「実証」から「実装」の段階に入りました。本展示ブースでは、NEC自社工場での実証・実装、およびそこから創出されたソリューションについて、映像を中心に紹介いたします。紹介のポイントは、以下の2点です。
①世界中の生産拠点をつなぎデータを収集・分析。IoTとAIの活用により、最適分散生産を実現する「つながる工場」についてご紹介いたします。
②IoT技術を製品に実装し、新たな使い方やサービスを創出する「つながる製品」についてご紹介いたします。
----------------------------------------------

【株式会社ブロードリーフ】

生産現場の改善からみんなのKAIZENへ
作業分析・業務最適化ツールOTRSは、作業現場の映像をPCに取り込み、動作分析を行います。作業のムダ・ムリ・ムラを取り除き、標準作業を策定して作業時間短縮・省力化・コスト低減を実現します。
最新のOTRS10では、グラフィカルで視覚的な分かりやすさに加え、直感的な操作性を追及。画面構成の切替や画面サイズの自在な変更ができ、最小限の画面遷移で分析できるようになりました。
また、最新高性能動画エンジンの搭載によって高フレームレート処理を実現し、熟練者の微細な動きも見逃しません。さらに、マルチ言語に対応しているので、世界中で活用できます。
----------------------------------------------

出展社募集中!! 出展特典としてIEレビュー誌への 無料広告掲載(8万円相当)もできます。