【全体プログラム】第59回全国IE年次大会「IEが奏でる未来響創」

IEが奏でる未来響創 ~ 生産性改革を推進モノづくり・コトづくり・人づくり ~

パンフレットをダウンロードする

人口減少社会を迎えるわが国では、働き方改革を進める点からも、様々な場面で「新たな生産性の向上」が求められています。また、グローバルに拡大していくマーケットにおいて、IoTの導入とビッグデータの有効活用などにともない、事業環境は劇的に変化してきており、我々のモノづくり、コトづくりと、それを支える人づくりは、これらの変化に柔軟に、持続的に対応することが求められています。かつて、この生産性の向上を高い次元で実現してきたのが“IE”であったことを再確認し、これを基軸に新たなモノづくりに活用・展開・チャレンジしていくことが必要と考えます。
本大会では、このIEの活用・展開・チャレンジの場を4つの切り口に整理し、モノづくりに関わる「企業戦略」、プロセスやモノづくりを育む「人財力」、新たなワークスタイルや新技術を活かした「現場力」、そしてサービスなど製造分野以外へと「拡がるIE」の活用の4つのセッションを用意いたしました。
全国IE協会から選りすぐった事例を通じて、それぞれに高い志と熱い意欲・情熱を持ち、果敢なチャレンジを推し進めてこられた企業の活動事例を共有していただき、未来に向けた「新たなチャレンジ・可能性」を追求(未来響創)して参ります。
また、業種、業界や産学の垣根を超えて、参加者相互に交流の輪を広げていただく場として、「産学連携」や「交流会」も用意いたしました。ぜひ、本大会にご参加いただき、「新たな生産性の向上」に取り組まれている皆様方の活動に展開・活用いただければ幸いです。
※IE(Industrial Engineering)
価値とムダを顕在化させ、最小資源でその価値を最大限に引き出そうとする、すなわち生産性改革へと導く見方・考え方であり、それを実現する技術のことです。
※未来響創
未来に向けみんなの知恵を結集し、ともに響き合いながら創造・スパイラルアップしていくことによって、モノづくり・コトづくり・人づくりの未来を切り開いていく、という意味の日本インダストリアル・エンジニアリング協会の造語です。
>>申込方法

講演会 2018年7月24日(火) 13:30~

※プログラムは都合により変更になる場合があります

■開会挨拶■
日本IE協会会長 日産自動車(株) 取締役 副社長 坂本 秀行
■基調講演■
『デジタル化時代のものづくり ~IEと経済学の接点に関する再探訪~』

東京大学大学院経済学研究科 教授
東京大学ものづくり経営研究センター長 藤本 隆宏 氏

【ポイント】
・付加価値は設計情報に宿り、ものづくりとは「良い設計の良い流れ」作りである
・設計情報にはテクノロジーとアーキテクチャの2面がある
・物的生産性、リードタイム、品質は、設計情報転写の密度・速度・精度で測れる

■特別講演■
『ピンチはチャンス!グローバルで売れる酒づくりチャレンジの物語り ~杜氏の経験・勘を徹底的に数値化した酒づくりの標準化~』

旭酒造(株) 会長 桜井 博志 氏

【ポイント】
・日本酒「獺祭(だっさい)」が純米大吟醸販売量で日本一となった秘訣
・アメリカやヨーロッパなど、グローバル24ケ国への輸出拡大化
・逆境をチャンスに変えた成功体験

■リフレッシュ講演■
『日本ウイスキー世界一への道』

サントリースピリッツ(株) 名誉チーフブレンダー 輿水 精一 氏

【ポイント】
・世界的な注目を集めるジャパニーズウイスキー
・25年間のダウントレンドからの脱出
・世界的評価の背景にあるものとは?

■次期開催地会長挨拶■
関西IE協会

■交流会■
情報交換会

事例発表 7月25日(水) 9:30~

※プログラムは都合により変更になる場合があります

第1分科会 「企業戦略に学ぶ」 ~持続する企業であるために~

市場ニーズ・価値観の多様化や技術革新の速さに対応し、新たなビジネスの創造や自らの強みを生かしたイノベーションによって企業価値を高め、生き残るための企業戦略が必要不可欠になっている。
この激変する環境下で成長し続ける企業からそのモノづくり・コトづくり・人づくりの取り組み、戦略を学ぶ。

●(株)リコー  ●日本電気(株)  ■(株)島根富士通  ●ダイキン工業(株)  ●RIZAP(株)

第2分科会 「人財力」 ~伝承と改革~

時代は変化しても企業の本質は人であるという信念のもと、今後産業界の中心となっていく次世代へ技術・技能を時代に即した形で如何に伝承していくか、人財を最大限活用して生産性改革を実現するかは、今後の事業運営に大きく関わってくる。
本分科会では、日本の優れた技能の伝承、社員のモチベーション向上への取り組み、次世代の働き方を見据えた人材育成の取り組み等々、本質的な価値向上に向けた多面的・革新的な取り組みを学び、最先端の仕組みを追求する。
●(株)東芝  ●フタバ産業(株)  ■SCSK(株)  ●東洋紡(株)  ■トヨタ車体(株)

第3分科会 「シン・現場力」 ~革新を続ける現場のちから~

Industry4.0をきっかけに、世界中で、モノづくりのパラダイムシフトが加速している。「よりよいプロダクトを適正なコストで実現する」という現場の本質は変わらないが、プロセスの高度化とバリューチェーン全体の最適化が、ますます重要になってきている。
本分科会では、これまでの現場活動の中で培われた優れた「真」のIE活動を、さらに「深」く追求し、IoT、AR、AI、Roboticsなどの技術要素を活用した「新」たな取り組み事例を紹介することにより、この環境の変化にさらに一歩踏み出した「シン・現場力」への糸口を掴んでいただく。
●(株)日立製作所  ●レンゴー(株)  ■ヤンマー建機(株)  ●北日本電線(株)
●GEヘルスケア・ジャパン(株)

第4分科会 「拡がるIE」 ~連携団体セッション~

●(一社)インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ  ●千葉工業大学

第4分科会 「拡がるIE」 ~業種を超えたIE活用~~

国内外のグローバル化への対応、持続可能な経営の実現、環境対策など事業経営に求められる課題は日々刻々と変化をしている。生産性向上や品質改善、リードタイム短縮などを得意とするわが国の産業界ではこれら経営課題に果敢にチャレンジし続けているが、このような環境下、お客さま視点までを含むバリューチェーンにおける新たな価値への気づき、イノベーションが必要になっている。
本分科会では、製造業にとどまらず新たな発想から“価値の創生”を実践している幅広い分野での取り組みを紹介し、より一層のIEの拡がりを提案していく。
●(株)内田洋行  ●(株)グランディア芳泉  ●富士物流(株)

現場研修会 7月26日(木)

※プログラムは都合により変更になる場合があります

○:空きあり(10名以上)、△:空きわずか(10名以下)、×:受付終了(定員に達しました)
※ご同業の方は、お断りする場合がございます

コース 訪問先 工場・事業所・製鉄所名 申込
(株)日立製作所 大みか事業所 ×
日産自動車(株) 追浜工場 ×
NECプラットフォームズ(株) 福島事業所 ×
東芝キヤリア(株) 富士工場 ×
KYB(株) 相模工場 ×
キリンビール(株) 横浜工場 ×
(株)崎陽軒 横浜工場 ×
(株)ブリヂストン 那須工場 ×
東京地下鉄(株) 綾瀬車両基地 ×
いすゞ自動車(株) 藤沢工場 ×
三菱電機(株) 名古屋製作所 ×
(株)ミツバ 富岡工場 ×
三菱重工業(株) 相模原製作所 ×
(株)ANA Cargo 羽田空港内 ×
古河電気工業(株) 千葉事業所 ×
P 鹿島建設(株) 外環本線トンネル(南行)東名北工事 ×

基本情報

テーマ IEが奏でる未来響創 ~生産性改革を推進するモノづくり・コトづくり・人づくり~
日 程 【講演会】7/24(火) 【分科会】7/25(水) 【現場研修会】7/26(木)
会 場 【講演会】7/24(火) 【分科会】7/25(水) :パシフィコ横浜会議センター(最寄駅 みなとみらい駅)
【現場研修会】7/26(木) :各見学先    ※現場研修会のみのお申し込みはお受けできません
参加費
(1名/税込) ※1
法人会員
協賛・後援団体※3
一般
(非会員)
学識者
個人会員
アカデミー会員
1日目~2日目
参加
通常価格 34,020円 42,120円 15,120円
早期申込割引価格※2 30,640円 37,930円 同上
1日目~3日目
参加
通常価格 45,900円 54,000円 27,000円
早期申込割引価格※2 37,930円 48,600円 同上

※1 参加費には、資料代、7/24交流会、7/25昼食代を含みます
※2 早期申込割引は、6/1までにお申込みの場合です
※3 協賛・後援団体に所属する方々、会員の方々、ご紹介を受けた方々が対象です

お申込み

「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
■正式受付について
・【講演会・分科会】は、お申込み時点で正式受付となります。
・【現場研修会】は、見学先への確認および人数調整後、正式受付となります。
※見学先の定員や都合でご参加いただけない場合、開催内容に変更がある場合、
別途、申込責任者へご連絡いたします。
■参加証について
【講演会・分科会】の参加証は、参加者のメールアドレスへ送信いたします。
印刷の上(複製禁止)、名刺と共に必ずご持参ください。
※「申込受付お知らせメール」は参加証ではございませんのでご注意ください。
【現場研修会】の参加証は、7月上旬から確定次第、申込責任者へ郵送いたします。
■請求書について
・請求書は、6月下旬から順次、申込責任者へ郵送いたします。
※現場研修会を含む場合は、確定後の郵送となります。
■キャンセルについて
・正式受付後、参加予定者のご都合が悪く出席できない場合には、代理の方のご出席をお願いします。
・代理の方のご出席も不可能な場合は、下記の規定により、キャンセル料を申し受けますので、あらかじめ
ご了承ください。キャンセルは、必ず日本IE協会までご連絡ください。
● 開催日の7営業日前~2営業日前  :参加費の50%
● 開催日の1営業日および当日     :参加費の全額(料金のご返金はできません)
● 悪天候や当協会の都合により開催が中止の場合:キャンセル料の発生はありません
(参加費全額をご返金いたします)