第2回「産学連携研究交流会」[分科会1:経営力強化に向けて] 【受付終了】

経営工学・IEの見方・考え方で日本のモノづくりに貢献する「産学連携研究交流会」

 経済社会のグローバル化が急速に進む中、生産企業は、生産拠点の海外進出、グローバルな
最適購買と物流網の構築、海外現地を含めた人財育成、改善と標準化、IT/ICTの活用など、
新たな時代にいかに競争力を高めていくか、多くの課題の中で模索しています。

 一方、経営工学は、企業の経営課題を解決するための工学的アプローチとして、その理論を
深耕し、企業での適用事例を蓄積してきましたが、時代の変化が加速する中、その役割を周知する
と共に、産業界のニーズに対応して理論体系を整理し、高度化していかなければなりません。

 本研究交流会は、下記の4つをテーマとし、産業界と学界が日本のモノづくり活性化のために
一体となって交流、議論、研究することを目的としています。

  ・分科会1:経営力強化に向けて
  ・分科会2:改善マネジメントのための人財育成
  ・分科会3:IT/ICTの活用
  ・分科会4:改善と標準化

 各分科会は、単なる見学に留まらず、大学教員による講義・企業事例の分析、見学企業での
分析と検証という3回をセットとして開催します。

 経営工学・IEの見方や考え方が日本のモノづくりにどのように貢献できるか、またどんな新たな
見方や応用が必要となっているかを、産学・異業種のメンバー間で議論し、自社課題へのヒント
を探ります。

 経営工学の理論とその応用に関心のある多くの方々の参加をお願いいたします。

基本情報

テーマ 分科会1:経営力強化の向けて
 ~「具体的事例と交流により自社課題へのヒントを得る!~
開催日時 第1回目/2016年11月24日(木)13:00~17:00
第2回目/2016年12月 6日(火)13:00~17:00
第3回目/2017年 1月19日(木)13:00~17:00
(全3日間)
会場 慶應義塾大学(日吉)
コーディネータ 慶應義塾大学 教授
           ビジネススクール 校長 河野 宏和 氏
定員 30名(先着順にて締切)
対象 ・製造関係部門のリーダー・マネジャークラスの方
・生産管理・生産企画などスタッフ部門のマネジャーの方
・経営企画などこれからの事業戦略を考えていく立場の方  など
参加費 日本IE協会・日本経営工学会会員:50,000円/一般:55,000円
(消費税・資料代込み)

分科会1:経営力強化に向けて<主旨>

 生産企業の経営において、顧客に提供する最終製品の品質・コスト・納期を決めるのは現場です。
現場の大切さに着目し、そこで働く人たちのモチベーションや安全性にも配慮しながら地道なQCDの
改善を継続している企業には、時代の変化に左右されない競争力の基盤となる企業体質や技術力
が蓄積されています。本分科会では、現場での標準化、改善、5S、設備保全などに地道に取り組む
ことが、いかに企業の競争力を強化し、どのように経営体質につながっていくか、そうした活動の基盤
となる視点や考え方は何であるか、経営工学・IEはそれらの視点や考え方を強化していくうえでどの
ように役立つのか、事例の分析と工場見学・そこでの討議を通じて深く考えます。

対象者

 ・製造関係部門のリーダー・マネジャークラスの方
 ・生産管理・生産企画などスタッフ部門のマネジャーの方
 ・経営企画などこれからの事業戦略を考えていく立場の方  など

特 徴

 ・大学教員による講義と企業事例の紹介、さらに企業訪問を通じて、
  テーマについて理論と実践の双方から深く考えます。
 ・メンバー間での議論により、ネットワークを強化できます。

プログラム

<第1回目:11/24(木)13:00~17:00>

 ◆ケース・スタディ:鍋屋バイテック会社

      「鍋屋バイテック会社の成長要因を考える

        創業以来450年の歴史を持ち、鋳造を基本技術とする鍋屋バイテック会社を事例に取り上げ、
      少量多品種の加工・組立で業績を大きく伸ばしてきた同社の経営理念と施策を分析し、人材・
      設備・技術をベースにした経営体質強化に向けた視点を考える。

 ◆研究:慶應義塾大学・ビジネススクール 教授 河野 宏和 氏

      「経営体質強化に向けての視点
         ~IEと改善をベースにした現場力強化の意義

      東京工科大学 専任講師 山口 淳 氏

      「継続的改善活動を支えるマネジメント要因」 

<第2回目:12/6(火)13:00~17:00>

 ◆工場見学:鍋屋バイテック会社 関工園・美濃ファウンドリ(岐阜県関市・美濃市)

     「工場現地で経営力強化の原点を考える

       ・1個でもすぐできるフレキシブルなモノづくり
       ・自前の設備づくり
       ・顧客ニーズの追求

<第3回目:1/19(木)13:00~17:00>

 ◆事例:オグラ金属

     「叱る5Sから褒めて伸ばす5Sへ

      栃木県足利市で、全員で楽しむ明るい5S活動を展開し、活力ある現場を実現している
     オグラ金属の事例を取り上げ、同社が工夫してきた活動の歩みから、現場の活力がいかに経営に
     貢献するかを考える。

 ◆研究:慶應義塾大学・ビジネススクール 教授 坂爪 裕 氏

      「3Sの徹底による発見型改善のすすめ

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

☆請求書に関してのお問合せは(公社)日本経営工学会へご連絡ください。
  日本経営工学会Eメール: jima-post@bunken.co.jp   TEL:03-5389-6379

  パンフレットをダウンロードする