第3回「産学連携研究交流会」[分科会4:品質と効率の改善方法] 【受付終了】

経営工学・IEの見方・考え方や方法が日本のモノづくりにどのように貢献できるか
  「産学連携研究交流会」

 経済社会のグローバル化が急速に進む中、生産企業は、生産拠点の海外進出、グローバルな最適購買と
物流網の構築、海外現地を含めた人財育成、改善と標準化、IT/ICTの活用など、新たな時代にいか
に競争力を高めていくか、多くの課題の中で模索しています。
 一方、経営工学は、企業の経営課題を解決するための工学的アプローチとして、その理論を深耕し、
企業での適用事例を蓄積してきましたが、時代の変化が加速する中、その役割を周知すると共に、産業界
のニーズに対応して理論体系を整理し、高度化していかなければなりません。
 本研究交流会は、下記の4つをテーマとし、産業界と学界が日本のモノづくり活性化のために一体と
なって交流、議論、研究することを目的として以下の4テーマを設定しています。
  ・分科会1:企業体質強化に向けた視点
  ・分科会2:ダイバーシティ/働き方改革
  ・分科会3:IT/ICTの活用
  ・分科会4:品質と効率の改善方法
 各分科会は、単なる見学に留まらず、大学教員による講義・企業事例の分析、見学企業での実践課題の
分析と検証という3回をセットとして開催します。
 経営工学・IEの見方や考え方が日本のモノづくりにどのように貢献できるか、またどんな新たな見方
や応用が必要となっているかを、産学・異業種のメンバー間で議論し、自社課題の解決へのヒントを探り
ます。
 経営工学の理論とその応用に関心のある多くの方々の参加をお願いいたします。

基本情報

テーマ 分科会4:品質と効率の改善方法
 ~「具体的事例と交流により自社課題へのヒントを得る!~
開催日時 第1回目/2018年 6月 8日(金)13:00~17:30
第2回目/2018年 7月20日(金)13:00~17:00
第3回目/2018年 8月31日(金)13:00~17:00
(全3日間)
会場 成蹊大学(吉祥寺)
コーディネータ 成蹊大学 教授 篠田 心治 氏/助教 中嶋 良介 氏
定員 30名(先着順にて締切)
対象 ・製造関係部門のリーダー・マネジャークラスの方
・生産管理・生産企画などスタッフ部門のマネジャーの方
・生産技術などスタッフ部門の方  など
参加費 日本IE協会・日本経営工学会会員:50,000円/一般:55,000円
(消費税・資料代込み)

分科会4:品質と効率の改善方法<主旨>

 現場における改善には、良品率、手直し率、欠品率などを指標とした「品質の改善」と、
稼働率、タクトタイム、コストなどを指標とした「効率の改善」があると考えます。
IEの分野では、「効率」の改善を主に対象としてきましたが、改善を進める上で「品質」は
必ず考慮しなければならない事項です。さらに、現場の現象を見える化し進めるIE活動では
「良品条件」の追求など「品質」の改善の方法も進んできています。
 本研究会では、現場における品質改善の取り組み、品質と効率の改善をどのように切り分
けて進めるかといった内容について、議論し模索をしていきたいと考えています。

対象者

 ・製造関係部門のリーダー・マネジャークラスの方
 ・生産管理・生産企画などスタッフ部門のマネジャーの方
 ・生産技術などスタッフ部門の方  など

特 徴

 ・大学教員による講義と企業事例の紹介、さらに企業訪問を通じて、
  テーマについて理論と実践の双方から深く考えます。
 ・メンバー間での議論により、ネットワークを強化できます。

プログラム

<第1回目:6/8(金)13:00~17:30>

 ◆研究:成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 教授 篠田 心治 氏

      「品質と効率の改善について

 ◆事例:AGC旭硝子 篠田 正行 氏

      「良品条件の追求事例と教育方法
        ・加工点における良品条件の追求方法
        ・良品条件を追求したいくつかの事例
        ・良品条件の追求を理解するための教材について

 ◆研究:成蹊大学 理工学部 システムデザイン学科 助教 中嶋 良介 氏

      「周辺視野を活用した目視検査の実態と理論
        ・儲けるものづくりのための検査工程の役割とは
        ・人間の視覚メカニズムに基づいた目視検査とは
        ・自社で精度と効率を両立する目視検査を実現するためには

<第2回目:7月20日(金)13:00~17:00>

 ◆工場見学:富士ゼロックスマニュファクチュアリング㈱ 竹松事業所
     「品質と効率の改善実践工場

<第3回目:8/31(金)13:00~17:00>

 ◆事例:マックス㈱ 生産システム部 部長 吉田 信太郎 氏

     「価値作業の連続と製造品質の安定化
        ・価値作業連鎖工程の実現
        ・センサー活用における製造品質の安定化
        ・センシングと人作業の共存

 ◆研究:名古屋工業大学 社会工学教育類 経営システム分野 准教授 川村 大伸 氏

      「品質管理の勘所
        ・品質管理とは
        ・品質向上の考え方およびアプローチ方法
        ・データを活用した品質管理

お申込み

(1)「申込む」ボタンから必要事項をご入力の上、お申込みください。
(2)開催日の2週間前ころに、参加証(会場地図付き)と請求書を送付いたします。
(3)開催日1週間前よりキャンセル料が発生しますので、代理の方の出席をお願いします。
   事前に代理の方の ●氏名 ●所属 ●役職 ●住所 ●Eメール ●TEL ●FAX
   を日本IE協会へご連絡ください。 日本IE協会Eメール: jiie@j-ie.com
   ※個人会員の方の代理出席の場合は、非会員価格との差額を追加請求いたします。

☆請求書に関してのお問合せは(公社)日本経営工学会へご連絡ください。
  日本経営工学会Eメール: jima-post@bunken.co.jp   TEL:03-5389-6379

  パンフレットをダウンロードする