出張教育


 貴社で「公開講座」のプログラムを実施します。
課題解決に向けてプログラムをカスタマイズします。
また、現場を直接回って改善指導なども行いますのでご相談ください。

テーマ


全員の改善意欲を向上させる、貴社での出張教育

【IE専門講座など公開講座のプログラム】
 ※アレンジすることも可能です。
【ご要望に応じたカリキュラムによる研修】

開催日、時間


1~3日間(継続的なセミナーも含む)
10:00~17:00

会場


貴社の事業所

対象


スタッフ、若手技術員、リーダー層など

研修費


費用はケースにより異なりますので
一度ご相談ください。
     
基準は次の通りです。
【1日間】
日本IE協会会員 440,000円
日本生産性本部賛助会員 495,000円
【2日間】
日本IE協会会員 770,000円
日本生産性本部賛助会員 825,000円
IE協会会員へのお申込みはこちら

講師


【IEr養成入門コースの場合】
 成蹊大学 名誉教授 渡邉 一衛 氏、他
【ご要望に応じた講座の場合】
 教育のねらい(目的)、受講者のレベル、予算などにより、的確な講師を紹介します。

プログラム内容


「入門コース」のほか、ご要望に応じてカリキュラムを準備します。
・最近の実施例は下記の通りですので、ご参考としてご覧ください。
・費用はケースにより異なりますので、お気軽にご相談ください。

A社

B社

C社

業種 エンジニアリング 外食業 電子部品製造
期間 1日コース 2日コース 3日コース
(延べ1.5ケ月)
受講者の対象 スタッフ
若手技術員
スタッフ リーダー層
ねらい ・IE手法の習得
・改善の進め方
・IE手法の実践的活用
 方法の習得
・作業管理実践に必要
 な知識・技能の習得
・作業改善のためのIE
 手法の習得
・改善のためのIE手法
 の習得
・実践スキルの習得
・データ分析とまとめ
 能力の向上
進め方 座学と演習 座学と演習 座学と演習
(実践活動を含む)
受講者数
派遣講師
会場
約20名
1名
A社会議室
約20名
2名
B社事業所
約10名
1名
C社工場
費用
(交通費宿泊費
  除く・税込み)
約440,000円 約770,000円 約1,100,000円
※カリキュラム例
(下表参照)
〔1〕 〔2〕 〔3〕

カリキュラム例


〔1〕 1日コース(A社)の例

時間

内容

1H 1.製造現場における作業管理
 ① 現場の役割
 ② モノづくりのあるべき姿と作業管理
2.5H 2.より良い作業方法へのアプローチ
 ① 工程改善
 ② 動作改善
 <演習1:動作改善>
 ③ 経路改善
 ④ 作業編成
 ・ライン作業の編成
 ・人と機械の組合せ
3H 3.生産方式改善の進め方
 <演習2:箱作りシミュレーション>
0.5H
(合計7H)
4.まとめ及び質疑応答

〔2〕 2日コース(B社)の例

時間

内容

1日目 1H 1.作業管理とは
1.5H 2.ムダを見つける目
 ・7つのムダ
 <VTR1:元気の良い工場>
1H 3.作業の標準化とは
2H  <演習1:標準時間の設定の仕方>
 <演習2:標準作業の教え方>
2H 4.より良い作業方法へのアプローチ
 <演習3:動作改善>
1H 5.動作経済の4原則
 <VTR2:台所作業の改善>
2日目 1.5H 6.経路分析
 <演習4:経路分析の進め方>
1.5H 7.工程改善の定石
 <演習5:工程分析表・分析図>
1H 8.作業編成と充実度
 <演習6:作業充実度について>
3H 9.要素作業の分析と時間測定
 <グループ演習:組立作業の改善>
 <グループ発表>
0.5H 10.まとめ及び質疑応答

〔3〕 3日コース(C社)の例

時間

内容

1日目 2H 《集合教育》
1.ムダの着眼点と改善の方向
 <演習1:動作改善>
2.動作経済の4原則
1.5H 3.経路分析
 <演習2:経路改善の進め方>
1H 4.工程改善の定石
 <演習3:工程分析表・分析図>
1.5H 5.人と機械の作業の組合せ
 <演習4:マンマシンチャート>
0.5H 6.段取り時間の短縮
 <事例紹介>
0.5H  <理解度確認テスト>
0.5H 7.実践活動ガイダンス
8.まとめ及び質疑応答
1週間 自主活動 《実践活動-1》
 ・自職場での問題点の洗い出し
 ・改善テーマの絞込み
 ・実践活動-1のまとめ
2日目 7H 《巡回スクーリング》
 ・テーマに対する分析手法・項目の選択
 ・手法に沿った現状分析結果
 ・改善の方向性
 ・今後の進め方について講師がアドバイス
3週間 自主活動 《実践活動-2》
 ・ムダの定量化と分析
 ・改善案の立案
 ・トライアル
 ・改善案の決定と実施
 ・効果の確認と歯止め
 ・発表準備
3日目 7H 《改善発表会》
 ・改善事例の発表
 ・講師の講評
 ・終了証授与

パンフレットをダウンロード