歴史

日本IE協会の歴史(主な沿革)

1959年
(昭和34年)
日本生産性本部からIE部門を分離し、新たに「日本インダストリアル・エンジニアリング協会」を設立
初代会長田代茂樹(東洋レーヨン(株)会長)就任
下部組織として地域ごとに下記協会を発足・関東IE協会
・中部IE協会
・関西IE協会
・九州IE協会第1次IE専門視察団(団長:土光敏夫・東京芝浦電気(株)社長)
第2次IE専門視察団(団長:尾崎猛・日本電気(株))を米国に派遣
研究会活動を開始
1960年
(昭和35年)
「IE Review」創刊号発行
全国IE年次大会事業開始
1961年
(昭和36年)
工場見学会活動開始
1963年
(昭和38年)
CIOS・IE国際会議(ニューヨーク)に日本代表派遣
1964年
(昭和39年)
第1回マネジメント・エンジニアリング大会開催(日本規格協会と共催)
1966年
(昭和41年)
第2代会長 土光敏夫(東京芝浦電気(株)社長)就任
1967年
(昭和42年)
IE技法コース開設
IE専門コース開設
IE海外研究視察団派遣事業開始
1968年
(昭和43年)
「IEハンドブック」(活動編・技法編)の2巻を刊行
第1回学生大会開催
1972年
(昭和47年)
日本IE文献賞制定
現場研修会設置
下部組織として新たに東北IE研究会が発足
1974年
(昭和49年)
第3代会長 小林宏治(日本電気(株)社長)就任
1975年
(昭和50年)
協会誌「IE Review」が「IEレビュー」へ
1980年
(昭和55年)
IEマネジメント部会設置
1982年
(昭和57年)
第4代会長 佐波正一(東京芝浦電気(株)社長)就任
1984年
(昭和59年)
協会25年史として「日本におけるIEの歩み」を刊行
1988年
(昭和63年)
関東IE協会の事業を日本IE協会が吸収、かつ下部組織であった中部IE協会、関西経営システム協会(旧関西IE協会)、九州IE協会および東北IE研究会とは、各々が独立機関として並列組織の関係(連携団体)となった。
第5代会長 久米 豊(日産自動車(株)社長)就任
1989年
(平成元年)
創立30周年記念総会開催
創立30周年を機に協会活性化(会員増強、事業の拡大等)活動を展開
1990年
(平成2年)
マネジメント・クラブ開設
1993年
(平成5年)
第6代会長 金井 務((株)日立製作所社長)就任
1994年
(平成6年)
創立35周年記念年次大会開催と功労者の表彰
1995年
(平成7年)
事務所移転
1996年
(平成8年)
IEフォーラム開設
1997年
(平成9年)
第7代会長 鈴木祥弘(NEC副社長)就任
協会誌「IEレビュー」200号記念特集を発行
1998年
(平成10年)
ホームページ開設
オーストラリアIE協会との協力協定を調印
1999年
(平成11年)
設立40周年記念総会の開催と協会40年史の刊行
2000年
(平成12年)
米国IE協会との協力協定を締結
2001年
(平成13年)
第8代会長 山本哲也((株)東芝常任顧問)就任
2005年
(平成17年)
第9代会長 高橋忠生(日産自動車(株)副社長)就任
IEアカデミーをIE講座へ発展・展開
2006年
(平成18年)
IE講座を体系的に整備
2009年
(平成21年)
第10代会長 中西宏明((株)日立製作所副社長)就任
設立50周年記念「全国IE年次大会」開催
設立50周年記念講演会の開催と功労者の表彰
協会50年史の刊行
2011年
(平成23年)
日本生産性本部と事業統合
2013年
(平成25年)
第11代会長 遠藤信博(日本電気(株)社長)就任
2017年
(平成29年)
第12代会長 松元史明(日産自動車(株)副社長)就任