JIIE相互研究会「“外観検査”を深議する」
:法人会員限定無料相互研究会


JIIE相互研究会は、日本IE協会の会員の皆さまへの交流・研究の場の提供の一環として、2021年1月より始まった新企画で、毎月1回実施しています。
本研究会では、電気通信大学助教の中嶋良介氏によるコーディネートのもと、実際の取り組み状況や現状の課題、問題意識を共有した上で、グループディスカッションによる深い議論を行います。
1月~3月では、“ 外観検査”の問題を整理し、解決へのアプローチ方法とIErの役割について議論いたしました。
4月以降も引き続き“ 外観検査” の課題について多面的に捉え、課題解決に向けた議論を深掘りします。また、メンバー各社の課題についても共有し、相互に研究していきます。
同じ課題を持つ仲間との議論の場へ、引き続き多くの方々のご参加をお待ちしております。

テーマ


“外観検査”を深議する

開催日、時間


毎月1回
2021年4月23日(金)~
14:00~17:00

申込受付



受講方法



対象


日本IE協会法人会員の方々
テーマを深掘りしたい方々
他社との交流を図りたい方々

コーディネーター


国立大学法人 電気通信大学
情報理工学研究科 情報学専攻 助教
中嶋 良介 氏

参加費


無料(定員30名)
IE協会会員へのお申込みはこちら

プログラム内容(予定)

第4回

2021年
4月23日
(金)
14:00~

課題提起

参加メンバー企業の問題解決の事例紹介
【ポイント】
・各企業に共通する問題と特有の問題とは?
・各企業の問題解決の取り組み姿勢と考え方は?
・今後のIEr に求められる仕事とは?
15:00~

グループ
ディスカッション

・課題提起に対する議論
・まとめ
16:00~

発表

・各グループからの議論内容の紹介
・他グループからの意見、質疑
16:30~

全体討議

・全体を通した議論
第5回

2021年
5月26日
(水)
14:00~

課題提起

外観検査時の“身体負担”における課題
【ポイント】
・どのようなときに身体負担が発生するのか?
・外観検査における身体負担の影響とは?
・外観検査に適した作業姿勢とは?
(青山学院大学 肥田 拓哉 氏)
15:00~

グループ
ディスカッション

・課題提起に対する議論
・まとめ
16:00~

発表

・各グループからの議論内容の紹介
・他グループからの意見、質疑
16:30~

全体討議

・全体を通した議論
第6回

2021年
6月25日
(金)
を予定
14:00~

 

企業事例を基に企画検討中
第7回

2021年
7月下旬
を予定
14:00~

 

本研究会でのまとめ

※第7回は、これまで研究会で議論してきた内容を総まとめし、一定の成果となるよう、協会誌「IEレビュー322号(10月号)」にて掲載記事を作成いたします。
※第8回以降も、「外観検査」について深掘りする議題がある場合には、本研究会を継続実施いたします。
※プログラムは都合により変更になる場合があります。

第1回~第3回の意見(抜粋)


【問題の整理】
・外観検査は作業者によるバラつきが発生するため改善と標準化が難しい
・不良品の定義や作業手順の統一化が難しい
・不良の種類が多く、カメラや照明などの最適な撮像環境が作れず自動化が難しい
【問題解決への考え方とポイント】
・体系的な問題の捉え方と具体的な問題解決へのアプローチを学ぶ必要がある
・品質基準を明確にするとともに検出しやすい環境づくりを志向する (検査者へのアプローチより先にすべきことがある)
・人間が行う部分と自動化できる部分を見分け、段階的に検査システムを志向する
【良い検査環境とは】
・人間中心で、疲労が蓄積されにくい照明環境(照度や照明配置など)を構築する
・騒音防止や作業導線の考慮など、照明以外の環境の整備する

パンフレットをダウンロード
日本IE協会法人会員のみ