現場レイアウトの見方・考え方


人と設備の能力を最大化するレイアウトになっていますか?


日本のモノづくり環境は、近年のDXの進展などにより、製品(P)、生産量(Q)、生産経路(R)、サービス(S)、時間(T)が大きく変革しています。しかし、工場内の生産技術者は、この環境変化に対応した「仕事そのものを付加価値の高いものにするあるべき姿のレイアウト」への標準的設計アプローチに対応できていない現実があるようです。
本セミナーでは、工場レイアウトに影響する必要項目の分析と手順をまず理解し、生産方式に対応した現場レイアウトの見方から変え方までとレイアウト視点での改善術の基礎から適用まで、演習、講師の豊富な経験をもとに、わかりやすく解説します。また、DXやIoTの改善例により参加企業のDXやIoTの進展に役立てていただきます。
※ご参加のみなさまには小川講師共著『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』日刊工業新聞社を進呈!

テーマ


DX時代の初中級生産技術者必須!利益につながるレイアウトの改善術

開催日、時間


2024年4月18日(木)10:00~17:00

会場


東京・永田町近辺の会議室

申込受付



受講方法



参加費


日本IE協会・他地区IE協会 会員 39,600円
日本生産性本部 賛助会員 46,200円
一般 52,800円 IE協会会員へのお申込みはこちら

講師紹介

小川 正樹 氏
(株)MEマネジメントサービス 代表取締役
経営コンサルタント 技術士(経営工学)
(株)日本能率協会コンサルティングを経て、現在、(株)MEマネジメントサービス代表取締役。
原価管理、原価見積、生産・物流管理システムの立案、構築、実施やIE改善を通じて総合的コストダウンを展開し、企業の業績を改革するコンサルティング業務を中心に活動。また、開発・設計段階(CAD/CAMを含む)から製造までの領域を扱い、公開セミナーや社内教育も同時に行っている。
著書に『よくわかる「レイアウト改善」の本』、『よくわかる「品質改善」の本』、『すぐに使える工場レイアウト改善の実務』/日刊工業新聞社、『必ずわかる原価計算のしくみと実務』、『成功する管理会計の基本』/ナツメ社など。

プログラム内容

4月18日(木)10:00~17:00    演習で使うWindowsPCを準備願います

1.『レイアウト改善で現場が変わることとは』

(1)「レイアウト」って何?
(2)製造リードタイムが短縮できる
(3)運搬のムダが低減できる
(4)時間のムダや仕掛在庫スペースが削減できる
【演習】現場で発生しているムダを見える化する

2.『レイアウトの鍵:PQRSTとSLP』

(1)SLPにおけるレイアウト改善のステップ
(2)モノの流れを「見える化」する
(3)部門、機械設備、倉庫などの関係を相互関係図で整理する
(4)天災、自然災害のリスク対応策
(5)標準面積データを活用する
【演習】必要な面積を求め、レイアウト案を作成・評価する

3.『リードタイムを短縮する生産方式とレイアウト改善の勘どころ』

(1)モノづくりの基本とレイアウト
(2)レイアウトのタイプと特徴
(3)リードタイムを短縮する同期生産方式の作り方
(4)同期(ライン)生産方式の改善のポイントとレイアウト
【演習】バランスロスを減らすライン編成分析の進め方

4.『生産品種と数量の変動に対応する生産方式とレイアウト改善の勘どころ』

(1)工場が対応すべき要因と対応策
(2)1工程完結セルへの改善ポイントとレイアウト
(3)柔軟性を向上させるハイブリッド生産方式
(4)工場レイアウトの改善事例
【演習】サイクルタイムの異なる類似製品を同じラインで生産する

5.『現場でできるレイアウト改善の実践』

(1)生産性向上に結びつくレイアウト改善
(2)ヒューマンエラー撲滅に結びつくレイアウト改善
(3)ピッキングミスを無くす倉庫のレイアウト改善の事例
(4)オフィスレイアウト改善の事例

6.『レイアウトを儲けにつなげる』

(1)レイアウト改善投資の採算性を計算する
(2)変動加工賃率を計算しよう
【演習】レイアウト投資の損得を計算する
※プログラムは都合により変更になる場合があります。
パンフレットをダウンロード