設計開発部門改革の第1歩


ブラックボックスになりがちな設計開発部門を大改革!!


多くの企業では、設計部門が抱える問題として、「設計リードタイムが長く、出図はいつも締切りギリギリ」、「担当者任せとなり設計プロセス・進捗が見えない」、「蓄積された技術の整備不足のため設計の標準化が進まない」などの声をよく耳にします。これらの問題を解決するには、設計部門の改革しかありません。
しかし現状では、改革するにしても「どこから手を付けて良いのかわからない」、「日常業務に追われ、改革するための時間も取れない」などを理由に、改革の手が及んでいません。
本セミナーでは、従来型のVE手法や改善レベルでは行えない大幅なリードタイム短縮・コストダウンの方法を、設計部門改革のテクニックとして解説いたします。
先ずは本セミナーへのご参加により、改革の第一歩を踏み出しませんか。

テーマ


製品コストは設計段階で決まる!設計部門の大改革!

開催日、時間


2023年2月21日(火)10:00~17:00

会場


東京・平河町近辺の会議室

申込受付



受講方法



参加費


日本IE協会・他地区IE協会 会員 39,600円
日本生産性本部 賛助会員 46,200円
一般 52,800円
IE協会会員へのお申込みはこちら

講師紹介

前田 俊秀 氏
(株)アステックコンサルティング コンサルティング本部 コンサルタント
大手家電メーカーにおいて事業企画、商品開発の責任者として要職を歴任すると共に、同社の生産部門を指導し収益性の改善に大きく貢献した。その後、(株)アステックコンサルティングに入社。
粘り強く問題に取り組む姿勢と誠意あふれる指導は評価が高く、製造業の様々な領域で実践コンサルティングを展開している。

プログラム内容

2月21日(火)10:00~17:00

1.『設計部門が抱える問題点』

(1)設計部門の実態はどうなっているのか
(2)設計部門には多くの「もの」が求められている
(3)従来に比べ、設計者の業務負荷が増大している
(4)設計部門のミスは、非常に大きなロスに直結する
(5)必要技術の高まりと比べ、人材育成の補強が不十分である

2.『設計の基本思想はあるか』

(1)設計部門の効率が低い理由
(2)設計部門における付加価値と役割
(3)設計の基本思想と個別設計思想を構築する
(4)設計標準化の4つの考え方

3.『改革の着眼点と方向性』

(1)設計リードタイム短縮
(2)設計方式の転換

4.『設計開発部門改革の手段』

(1)設計業務フロー改善
(2)設計見える化による効率向上

5.『設計による具体的なコストダウンテクニック』

(1)コストダウンの着眼ポイント
(2)生産設計ができているか
(3)見えるコストと見えないコスト

6.『事例研究』

※プログラムは都合により変更になる場合があります
パンフレットをダウンロード