現場でできる物流改善


キーワードは「現場レベルのテーマ」「投資を伴わず」「最少最短の工数」


物流活動ではいっそうのコストダウン、スピードアップ、品質・サービスや高度情報化、グローバル化に際しての新しい機能実現が期待されています。
これらの難題を「現場レベルのテーマ」「投資を伴わず」「最少最短の工数」で解決する具体的なノウハウを紹介します。
多種多様な商材の物流現場で問題解決実績を持つ講師が、事例紹介や簡単な演習により、どなたにも即座に応用できるよう実践的にご指導致します。ご参加の際は、自社の課題をメモ書きにしてお持ちください。講師がその場で解決方法をご紹介します!!

テーマ


問題点の見つけ方、改善の取組み方、改善効果の測り方がわかる!!

開催日、時間


2020年10月13日(火)10:00~17:00

会場


東京・平河町近辺の会議室

申込受付



受講方法



参加費


日本ならびに他地区IE協会会員 39,600円
日本生産性本部賛助会員 46,200円
一般 52,800円
IE協会会員へのお申込みはこちら

講師紹介

花房 陵 氏
ロジスティクス・トレンド(株) 代表取締役
1977年慶應義塾大学経済学部卒。物流コンサルタントして30年間、28業種、200社を超える物流現場を診断・指導。業種・商材の物流問題解決の実績を活かし、異業種の成功事例を取り込んだ現場密着の指導に定評がある。 主な著書:『スマートロジスティクス』 『現場でできる物流改善』 『見える化で進める物流改善』 『物流改善Q&A100』 『物流リスクマネジメント』

プログラム内容

10月13日(火)10:00~17:00

1. 物流改善の手法紹介

①問題把握
②原因分析
③対策の立案
④打ち手の実行
⑤効果測定
⑥物流改善七つ道具

2. 物流コスト削減手法

①物流費の実態
②トータルコストアプローチ
③コスト要因は在庫、拠点、手待ち、遅れ
④コスト要素は輸送頻度、労務時間
⑤物流ABCの手法
⑥商品ミックス、得意先格付け

3. 品質・精度向上策

①棚卸し精度
②入荷検査
③出荷検査
④伝票ミス
⑤品質管理体制
⑥交通事故対策
⑦安全衛生管理

4. 作業のスピードアップ

①作業工程の接続と連携整理
②TOCの考え方と業務設計
③レイバースケジューリング

5. 在庫削減

①在庫分析・在庫責任
②偏在在庫の解消策
③補充計画 動態発注点管理手法

6. 物流拠点の統廃合企画進め方

①商圏と物流拠点
②拠点縮小・統合の注意点
③倉庫契約(売買、賃貸、サブリース)

7. 物流アウトソーシング導入の進め方

①対象業務
②委託先の見つけ方
③料金交渉
④委託契約の留意点
⑤物流子会社の業績管理

8. 情報システム改良企画の進め方

①効果の評価
②作業と分析
③改良の費用対効果
④SCM連携
※プログラムは都合により変更になる場合があります。
パンフレットをダウンロード