本物の5Sと見える化による現場改革・快善の実践展開法


現場の乱れは人の乱れから、本物の5Sで現場の乱れを解消する


生産現場が乱れている主な要因は、人の問題です。コスト削減による人員不足や、非正規社員の増加により、様々な局面で生産現場の品質低下がおこっています。現状の穴埋め的な人員補充の問題を解決しない限りは、根本から職場のカイゼンを望むことはできません。現場で作業をしながら人づくりのための教育をするのに最も効果的な方法は、5Sの導入により全社員がカイゼン意識を持つことです。
本セミナーでは、「本物の5S」と「見える化」を定着させ、さらに現場改善力強化に展開する実践法を、講師の指導実績に基づき、ポイントをついた事例やフォーマットを使い、分かり易く、明日からすぐに実践できるよう解説いたします。
*講師著書『5S導入ハンドブック』進呈

テーマ


非正規社員でも快適に仕事ができる現場に変える!全社員がカイゼン意識を持つ!

開催日、時間


2023年7月11日(火)10:00~17:00

会場


東京・永田町近辺の会議室

申込受付



受講方法



対象


管理監督者、改善活動リーダー・担当者 等

参加費


日本IE協会・他地区IE協会 会員 39,600円
日本生産性本部 賛助会員 46,200円
一般 52,800円
IE協会会員へのお申込みはこちら

講師紹介

西沢 和夫 氏
米国系産業機械製造メーカに入社後、マーケティング、新製品開発、生産管理、品質保証、生産技術、技術サービス等を担当し、国内海外多数の取引企業の技術・品質指導を実施。その後、コンサルタントファームのチーフコンサルタントとして、本物の5S、見える化、品質保証、生産改善、生産改革、管理監督者育成、問題解決力等のコンサルティング指導により効果を上げた。その後、西沢技術士事務所を開設し、今日に至る。
技術士(経営工学部門)、中小企業診断士、経営士、品質管理学会正会員。

著書
「工場長のための実践!生産現場改革」「よくわかるこれからの生産現場改革」(同文館出版)
「生産管理ハンドブック」「5S導入ハンドブック」「リーダー力強化ハンドブック」(かんき出版)
「QC工程表と作業標準書」「儲かる生産現場強化マニュアル」(日刊工業新聞社)など多数

プログラム内容

7月11日(火)10:00~17:00

1 企業競争に生き残るために「本物の5S」が必要だ!

(1)いま、「本物の5S」の必要性が高まっている
(2)「本物の5S」の直接効果とは何か
(3)勝ち組企業の実践している「本物の5S」とは何か
(4)「本物の5S」の定義とは
(5)新たな時代に生き残るためには「しつけ」が必要!

2 「本物の5S」と「見える化」の段階別導入・定着の進め方

(1)「本物の5S]と「見える化」導入の基本プログラムと準備事項
(2)「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「躾」の「見える化」の進め方
(3)「本物の5S」の導入から定着への成功事例紹介

3 オフィス改革への「本物の5S」と「見える化」の導入法

(1)ワンベストとシングルファイリングでオフィスを「見える化」する
(2)オフィスワークを標準化し、人づくりに展開する

4 「本物の5S」と「見える化」による改善力強化の実践法

(1)「本物の5S」にはモノづくり企業を改革するパワーがある!
(2) 「本物の5S」から改善活動に展開する秘策
  ~「5S点検チェックリスト」と「5S実施計画表」の活用法~

5 「本物の5S」の停滞・マンネリ化を防ぐ有効な対策とは

(1)「本物の5S」が停滞・マンネリ化した職場の問題点とは何か
(2)なぜ「本物の5S」が定着せずマンネリ化するのか?
(3)「本物の5S」の停滞・マンネリ化を打破する具体的な対策はこれだ!
  ~「5S停滞を打破する改善対策一覧表」と「5S改善チェックリスト」の活用法~

6 「見える化」で職場の問題解決力をスピードアップ

(1)「本物の5S」から「見える化」への実践
(2)「見える化」の具体的方策と活用法
  生産実績管理板/作業標準書/さらし首/定置・表示/アンドン

7 「本物の5S」と「見える化」による「ムダとり」への実践展開法

8 「本物の5S」と「見える化」の更なる展開とは

  ~改善力強化と儲かる工場づくりを目指す~
※プログラムは都合により変更になる場合があります。
パンフレットをダウンロード