シックスシグマによる経営・品質改革~経営変革手法~


おすすめ


これまで取り組んできたIE改善活動に、DMAIC(定義→測定→分析→改善→管理)の手法をアドオンすることによって、あらゆる業務プロセスに内在するムダ(COPQ:Cost of Poor Quality)を削減し、短期間に成果を刈り取れるようにします。
カタパルト((英:Catapult)投石機を模擬した演習用機材)を使用した実践的演習を通じて、統計的手法による課題解決方法を体感、2日間のセミナーでDMAIC手法を学んでいただきます。
◆ ポイント◆
● 部門・業種を問わず、共通手法で課題を解決できるようになります。
● 東芝10万件のプロジェクト実績を反映した教育コンテンツを提供します。
● 間接部門・営業部門を含むあらゆる部門の生産性向上にもつながります。

テーマ


経営課題を見出し、解決できる人財の育成

開催日、時間


2019年10月2日(水)・3日(木)10:00~17:00

会場


新横浜 東芝総合人材開発(株) 研修室

定員


20名

申込受付



受講方法



対象


製造部門・間接部門の部長・課長(マネージャー)、リーダー・改善推進者

参加費


日本ならびに他地区IE協会会員 66,000円
日本生産性本部賛助会員 76,000円
一般 80,000円 IE協会会員へのお申込みはこちら

講師紹介


東芝総合人材開発(株)は、シックスシグマ教育機関として日本における唯一のSSA(シックスシグマアカデミー)ライセンス保持企業です。シックスシグマは顧客満足度の向上を目的として、継続的な経営品質の改革、製品・サービス品質の改革を推進する手法です。世界各国で普及・導入され、ISO規格化もなされている「シックスシグマ」を通じて、業種を問わない豊富な業績と経験を基にイノベーションをサポートしています。

プログラム内容

10月2日(水)10:00〜17:00 10月3日(木)10:00〜17:00
1. はじめに
2. シックスシグマによる経営変革
3. DMAIC 概要(カタパルト演習)
① Define Phase 定義フェーズ
・課題設定(目標を明確にする)
② Measure Phase 測定フェーズ
・現状分析(定量的な測定と変動要因の抽出、絞り込み、仮説設定)
-プロセスの見える化/要因の抽出・リスク分析
③ Analyze Phase 分析フェーズ
・要因分析(絞り込んだ要因の分析と検証)
-統計的仮説検定入門

シックスシグマ概念図
3. DMAIC 概要(カタパルト演習)(続き)
③ Analyze Phase 分析フェーズ(続き)
④ Improve Phase 改善フェーズ
・改善実行(改善の実行と効果確認)
-要因実験による課題解決
⑤ Control Phase 管理フェーズ
・管理(後戻りしない仕組みの検討)
4. おわりに

演習風景
※プログラムは都合により変更になる場合があります。
パンフレットをダウンロード