モノと品質の流れを考える


SQCとQFDを活用し、組織全体の品質を向上させる


「モノ」をつくるとき、「品質」をどのように考えればよいのでしょうか。どこから捉えればよいのでしょうか。本講座では、生産現場における品質のつくり込みを基点に、組織全体での品質のつくり込みの流れを、「製造品質」と「設計品質」を軸に理論、方法論、手法をわかりやすく解説します。また、「品質」の側面から見た「IE手法との関連性」についても概説します。
工場内における「実際のモノの流れ」SCMと、企画・開発・設計という「実際のモノができるまでの流れ」ECMを生産設計で繋いだ上で、「品質」という統一した切り口で見たとき、新たな世界が見えてきます。

QCの概念を学びたいIErのみなさま、IE手法とQC手法の全体像を把握・理解したい方々、工程設計を実施する生産技術者のみなさま、生産現場を基点に「品質」で組織全体を俯瞰したいと考えている方々にお薦めです。

テーマ


生産現場を基点に品質で組織を繋ぐ

開催日、時間


2022年2月9日(水)14:00~17:00
2022年3月7日(月)14:00~17:00

申込受付



受講方法



参加費


日本ならびに他地区IE協会会員 39,600円
日本生産性本部賛助会員 46,200円
一般 52,800円
IE協会会員へのお申込みはこちら

講師紹介

木内 正光 氏
玉川大学 経営学部 国際経営学科 准教授
玉川大学大学院工学研究科生産開発工学専攻博士課程後期修了。博士(工学)。
祖父の工場経営に影響を受け、学生時代より工場マネジメント(経営工学)を研究する。
専門分野は、生産管理、品質管理、IE手法、QC手法。

プログラム内容

【前半】2月9日(水)14:00~17:00

1. 品質と生産性(QCとIE)


 ◆QC:品質管理の発展、製造品質と設計品質
 ◆I E:生産管理の発展、方法
 研究手法と作業測定手法

2. 製造品質の向上(製造部門と生産技術部門の
 品質)

 ・SQC概論
 ・QC7つ道具概論
 ・実験計画法概論
 ※IE手法とSQC手法の組み合わせ活用例を解説します

【後半】3月7日(月)14:00~17:00

3. 設計品質の向上(開発部門と設計部門の品質)

 ・QFD概論
 ・品質展開概論
 ・技術展開概論
 ※IE手法とQFDの組み合わせ活用例を解説します

4. まとめ

 ・全体のまとめ
※プログラムは都合により変更になる場合があります。
パンフレットをダウンロード