日本IE文献賞

「日本IE文献賞」とは


日本IE文献賞は、1971年の第1回の表彰以来、毎年1回の選考、表彰を行なっています。
毎年発行される「IEレビュー」5冊に掲載された文献の中から優れた論文や記事を表彰し、広く産業界ならびに学界に披露することによって、IEの発展と普及に寄与することを目的としています。
  • 論文賞


    IEに関し、独創性のある理論、新開発の実用性の高い技法および、それらの実現のシステムに応用した事例などに関する文献。
  • 貢献賞


    IEの普及、発展に著しく貢献するような諸活動の報告。
  • 改善賞


    IEの考え方や技法を用いて現場の改善を達成し、その過程において著しい努力や工夫が認められた事例の報告。

選考、および表彰式


同賞選考のもととなる協会誌「IEレビュー」の編集委員会は、大学や企業でIEの研究や実践・普及に携わる約25名の委員で構成されています。
毎年3月に開催する「編集委員会」にて選考したものを、日本IE協会の幹事会に推薦して承認、決定しています。
その後、7月に開催する「全国IE年次大会」にて表彰式を行なっています。

第48回「日本IE文献賞」(2018年掲載分)


  • 論文賞

    (該当なし)
  • 貢献賞

    (3件)
    • 「『元気の出る工場』をめざして」 306号(ケース・スタディ)
      しのはらプレスサービス㈱ 篠原 正幸氏
    • 「生産現場の女性たちや外国人の優れた改善事例」 306号(ビットバレーサロン)
      改善活動コンサルタント 五味 法臣 氏
    • 「工場長:トップマネジメントの役割」 308号(ケース・スタディ)
      ㈱IHI 丸山 隆行 氏
  • 改善賞

    (5件)
    • 「YWKの定着と深化」 304号(現場改善)
      ㈱神崎高級工機製作所 吉岡隆 氏
    • 「IoT活用による社内変革と人材育成」 305号(ケース・スタディ)
      i Smart Technologies ㈱ 木村 哲也 氏
    • 「潜在労働力の活用にむけた取り組み」 306号(ケース・スタディ)
      ㈱マグトロニクス 菅 正彦 氏
    • 「モノづくりにおけるIT(IoT)活用」 307号(ケース・スタディ)
      日立グローバルライフソリューションズ㈱(旧:日立アプライアンス㈱)
      石田 宣浩 氏、石田 俊樹 氏
    • 「今求められる工場長の役割」 308号(ケース・スタディ)
      ㈱東海理化 井上 直彦 氏

過去の受賞企業・受賞者


第31回(2001年)~第47回(2017年)の受賞一覧(PDF)
※準備中です。